日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > バイオハザード最新作5月8日に登場!その中身

バイオハザード最新作ヴィレッジが5月8日に登場!シリーズ25周年記念タイトルRE:バースも発表

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

シリーズ伝統の流れに新要素も……

 ヴィレッジでのゲームプレイは、シリーズの伝統とも言える4つの柱から成る。恐怖、戦闘、アイテムマネジメント、探索だ。

恐怖

 ヴィレッジは前作同様、1人称視点の「アイソレートビュー」を採用。キャラクター全体が映るのではなく、銃器などを持つ手元が映る視点だ。イーサンが受ける衝撃や痛み、そして「恐怖」をプレイヤーがより自然に感じることに主眼が置かれている。

戦闘

 ストーリー進行に合わせて、ナイフやハンドガンからショットガン、スナイパーライフルなど、さまざまな武器が入手できる。シーンや敵に応じて武器を使いこなして、脅威を打ち砕いていく。

 前作同様、ときにガードすることも重要となる。ガードを使いこなすことで、受けるダメージが軽減されるため、より戦闘が有利に展開できる。

 また、取っ組み合いとなった敵を突き飛ばして間合いを取るアクションもある。敵の特性や戦闘場所に合わせて、これらのアクションを使いこなして戦況を有利にしたい。


アイテムマネジメント

 イーサンが携行できる武器やアイテムには限りがある。どのアイテムを持っていくのかの取捨選択も重要な戦略。バイオ4をイメージさせるアイテムマネジメント画面で、銃器、弾薬、回復薬などの携行品を管理できる。

探索

 イーサンが迷い込んだ村には数多くの謎が秘められている。村、そして城の隅々まで探索し、血路を切り拓いていく。探索中に出くわす調度品などは最新のグラフィックで表現され、おなじみのキーピックで引き出しを開けるなどのアクションも健在だ。

 また、ヴィレッジではアイテムの売買ができるショップが登場する。このショップの店主はデューク。

 デュークの店では回復薬や武器、弾薬の売買のほか、銃器のカスタマイズやレアアイテムの買い取りなども行っている。詳細は明かされていないが、デュークの店には他にもメニューがあるようだ。

123

バイオハザード最新作ヴィレッジが5月8日に登場!シリーズ25周年記念タイトルRE:バースも発表のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真