日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国が韓国のクレーマー教授痛烈批判

キムチもサムゲタンも東海も中国由来? 中国国営メディアが韓国のクレーマー教授痛烈批判!

文=廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

キムチもサムゲタンも東海も中国由来? 中国国営メディアが韓国のクレーマー教授痛烈批判!の画像1
日本だけでなくついに中国にも主張を始めた韓国誠信女子大学校客員教授のソ・ギョンドク教授

 日本でもすっかりお馴染みとなった“韓国起源説”。以前には日本のソメイヨシノが、韓国の済州島にある「王桜」と呼ばれる桜と同種であるとされ、ソメイヨシノの起源は韓国であると韓国メディアが報じたこともあった。実は今、こうした韓国起源説に対し中国が激怒しているのだ。

 中国国営メディア・環球時報(3月30日付け)は、「中国古来からの家庭料理・サムゲタン(参鶏湯)について、韓国の教授がまたしても抗議」と、若干呆れ口調で報じている。

 記事によると、百度百科(中国版Wikipedia)にはサムゲタンについて、「高麗人参と若鶏、糯米を煮込んだ料理で広東地方の家庭料理の一つである。韓国に広がった後、韓国の宮廷料理の一つとなった」と、説明が記載されており、これに対し韓国人学者ソ・ギョンドク教授がサイト運営元に訂正を申し入れているという。

 韓国誠信女子大学校で客員教授を務めるソ教授は、サムゲタンの起源をめぐり抗議した理由について、「中国税関当局が定める自国の輸出入品の品目番号(HSコード)にはサムゲタンが含まれていない。これは、中国がサムゲタンを自国の料理であると認識していない証拠である」とメディアの取材に答えている。

 中国にとって、このソ教授は非常に因縁深い相手でもある。ソ教授は昨年12月にも、中国国内のインターネット上に「キムチの起源は中国である」と記載されていたことに対し、サイト運営元に抗議文を送付し訂正を求めていた。

 今回のソ教授の行動ついて、環球時報は「大袈裟に論争を煽り韓国国内の民族感情を刺激している。自身の知名度や影響力を高めたいがために、中韓両国民の交流を阻害しようとしている」と、痛烈に非難する記事を配信している。

 実はこのソ教授、日本にとっても非常に厄介な人物でもある。3月25日、北朝鮮が日本海に向けミサイルを発射した。米軍は当初ミサイルの落下地について“東海”と発表し、すぐに“日本海”と訂正したのだが、ソ教授は米軍側に抗議のメールを送っていたことが明らかになっている。ソ教授は日本海の名称についても韓国世論を扇動してきた人物なのだ。

 中国国営メディアが韓国の一学者をここまで痛烈に非難することは異例の出来事である。韓国には世界に誇るべき文化が数多くある。周辺国の国民感情をひたすらに煽るのではなく、自国の文化の発信に力を入れてほしいものだ。

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

明治大学卒業後、中国の重慶大学へ留学。メディア論を学び、帰国後は中国の社会問題についてウェブメディアを中心に執筆している。

最終更新:2021/04/19 13:00

キムチもサムゲタンも東海も中国由来? 中国国営メディアが韓国のクレーマー教授痛烈批判!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

ラッセル・クロウ主演の恐怖映画『アオラレ』

 ついクラクションを鳴らしたことから、悲劇は...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真