日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 本田翼、マヂラブ野田…ゲーム製作にタレント続々

本田翼が製作総指揮のゲーム「にょろっこ」発表! マヂラブ野田はじめタレントプロデュースのゲームはトレンドとなるか?

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

クラファンで開発資金を集めたスーパー野田ゲーPARTY

 タレントプロデュースのゲームといえば、お笑い芸人の野田クリスタルも忘れてはならない。吉本興業所属でマヂカルラブリーのボケ担当の野田は、『M-1グランプリ2020』優勝者。自作ゲーム「野田ゲー」の制作で話題となり、『R-1ぐらんぷり2020』では自作ゲームをプレイするネタで優勝している。

 この野田が手掛ける、Switch用ユーザー共創型ゲーム『スーパー野田ゲーPARTY』を4月29日からダウンロード販売する。本作は開発資金をクラウドファンディングで集め、募集から約1カ月半で約2,000人もの支援者を獲得。発売直前イベントとして、『第0回スーパー野田ゲーPARTY eスポーツ大会』が4月28日に開催される力の入れよう。

 本作はミニゲームが多数収録されているスタイルの形式で、それだけ? と言いたくなるようなお笑い芸人ならではの味付けのゲームも。収録ゲームの一部を紹介してみよう。

■おたけさいこっちょーゲーム

 ジャングルポケットのおたけが、持ちネタのフレーズである「さいこっちょー(最高)」「さいてっちょー(最低)」のどちらを繰り出すかを2択形式で当て続けていくだけのゲーム。

■スーパーブロックくずして

 デッカチャンを操作して、玉に当たらないように避け続けるゲーム。玉に当たると巨大化していき、どんどん不利な展開に。どちらが最後まで生き残れるかを競う、対戦形式の2人プレイも。

■ボタン遠すぎじゃない!? 早押しクイズ

 解答席からスタートして、巨大迷路の中の早押しボタンを目指すクイズゲーム。画面の下を流れていくクイズの問題文を読みながら、迷路内のキャラクターを動かしていく。

 新規IP開発の難しさや中国資本の日本ゲーム市場への進出など、国内発ヒットゲームを作ることの難易度が上がっている現在、タレントプロデュースは1つのトレンドになるのだろうか。

(C)Honda Co., Ltd. Published by ForwardWorks

辻 英之(つじ・ひでゆき)

辻 英之(つじ・ひでゆき)

起きてる間が営業時間のプロ編集者。ゲームメディアの編集長、IT企業での経験を活かし、デジタルエンターテイメント分野記事を中心に寄稿中。ビジネスジャーナルでは『オレの周りはゲームばかり』を連載中。

最終更新:2021/05/01 06:00
12

本田翼が製作総指揮のゲーム「にょろっこ」発表! マヂラブ野田はじめタレントプロデュースのゲームはトレンドとなるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

倉持由香&里咲りさセルプロデュース激論

 フローエンタテインメントで社長業をしながらアーティストとしても活動している里咲りさと...
写真