日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 『おおかみこどもの雨と雪』は「理想化された母親像」

『おおかみこどもの雨と雪』は「理想化された母親像」を押し付けてはいない

文=ヒナタカ

『おおかみこどもの雨と雪』は「理想化された母親像」を押し付けてはいないの画像1
映画『おおかみこどもの雨と雪』公式サイトより

 2021年7月2日に『おおかみこどもの雨と雪』が金曜ロードショーで地上波放送される。細田守監督は今や国民的なアニメ作家だが、その作品群は往々にして毀誉褒貶が激しく、熱狂的な支持を得る一方で、激烈なまでの否定的な声もよく聞く。その中でも、『おおかみこどもの雨と雪』の「極端な母親像を理想化し押し付けられるようで嫌だ」という意見はとても切実なものだ。

 作品に対して、そこまでの「嫌い」という感情を持つことは、その人にとって相対的に大切している価値観を再認識できたということでもあるので、その意見を曲げる必要は全くない。だが、それでも本作は(少なくとも細田守監督の意図としては)理想化された母親像を押し付けるような内容ではないと思うのだ。その理由を記していこう。

※以下からは『おおかみこどもの雨と雪』の結末を含むネタバレに触れている。まだ観たことがないという方は、鑑賞後にお読みになってほしい。

排他的な行動だけでは成長も子育てもできない

 主人公の花は、次々に「排斥」をしている。年子の子ども2人を自宅で産み、おおかみ男の“彼”が亡くなった後はたった1人で育てていく。児童相談所からは虐待やネグレクトを疑われ、夜泣きやおおかみの鳴き声を気にする隣人のこともあって、田舎へと引っ越す。しかも、花は「おおかみに変身したら周りがびっくりするから」という理由で、幼い子どもたちを周りから隔絶し、保育園にも通わせなかった。現実で真摯に子育てをしている方が、排他的な行動をしてばかりの花に嫌悪感を覚えてしまうのも致し方がないだろう。

 だが、その花の排他的な行動は、劇中では間違っているもの、そのままでは「成長できない」こととしても描かれている。例えば、彼女は独学で農業を学ぶが、結局は作物を枯らしてしまっていた。だが、近所に住む韮崎のおじいちゃんは、そんな彼女に畑の作り方を1つずつ教えていく。この時に、細田守監督作品の定番のモチーフである「成長」を表す入道雲がもくもくと立ち上っている。排斥に次ぐ排斥をしてきた花が、ここでやっと成長できたことが示されているのだ。

 そして、花は田舎でご近所さんと物々交換もして交流することの大切さ、そのために畑を大きめに作る必要があったこともわかっていく。はっきりと、花は「1人で子育てはできない」、もっと言えば「1人では生きていけない」ことを学んでいる。それは子どもたちも同様で、雪は小学校で同級生の女の子たちから、雨はキツネの先生から、それぞれの世界(社会)で必要なことを教えられる。物語としては、むしろ排他的な行動を否定し、誰かとコミュニケーションを取ること、そして自分の望む生き方を選び取るという成長が描かれている。

123

『おおかみこどもの雨と雪』は「理想化された母親像」を押し付けてはいないのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

ふみくんが説く、令和の「シン・ヒモ」論

  ふみくんは、これまで13年間で10人以上の女性宅に転がり込み、都合1000万円も...
写真