日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 911から20年…「大バカ者」と嘆きの声
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【20】

911から20年…アメリカ市民の英雄だったジュリアーニ市長の目も当てられない現在に「大バカ者」と嘆きの声

ジュリアーニは「Clown」の意味

 スティーブン・コルベアはこの映像を参照しながら、「これって9・11の式典なんだよな? しかも当時の市長の。なんてザマなんだ。もっとこの続きが観たかったら、ネットフリックスの最新作”Clown”っていうのを観てくれ」

 そう言うと、王冠(Crown)を被ったジュリアーニの姿が映し出された。ナイトの称号を手にしたまさに「クラウン」を冠るジュリアーニ。彼の真似した「イギリス英語」ではLとRの音がアメリカ発音に比べ大きく区別されない。そして、「Clown」というのは「大バカ者」を意味するスラング。9・11の式典という場にふさわしくない場違いなスピーチを、偽アクセントで、それも酩酊状態で行った「大バカ者」のナイトを揶揄するジョークに会場も唸った。

 悲劇から20年、「世界の市長」と呼ばれた英雄も、すっかり変わってしまった。アメリカだって大きく変わった。これからの20年、アメリカが、そして世界がどの様に変わっていくのかは誰にもわからない。

 20年前テロの直後、コメディ番組が放送自粛する中、失意の国民に向けて、ジュリアーニはこう呼びかけた。

「さぁみんな、もう笑っていいんだ!」

 そして多くの番組が再開されていったことを、多くのアメリカ人は覚えている。

 あの日、失意のアメリカを「笑い」がたしかに救ったように、コメディアンができることもあるかもしれない。

<スティーヴン・コルベア>
サウスカロライナ州出身のコメディアン。シカゴの名門コメディ劇団セカンドシティでデビューするとその皮肉交じりの知的なジョークで人気を博し、ニュース風刺番組『デイリー・ショー』にレギュラー出演。その後も多くの番組にライターとして参加し、2014年CBSの帯番組『ザ・レイト・ショー』の司会に抜擢されると、切れ味抜群のコメントと、ウィットに満ちたジョークで国民的コメディアンに。

Saku Yanagawa(コメディアン)

アメリカ、シカゴを拠点に活動するスタンダップコメディアン。これまでヨーロッパ、アフリカなど10カ国以上で公演を行う。シアトルやボストン、ロサンゼルスのコメディ大会に出場し、日本人初の入賞を果たしたほか、全米でヘッドライナーとしてツアー公演。日本ではフジロックにも出演。2021年フォーブス・アジアの選ぶ「世界を変える30歳以下の30人」に選出。アメリカの新聞で“Rising Star of Comedy”と称される。大阪大学文学部、演劇学・音楽学専修卒業。自著『Get Up Stand Up! たたかうために立ち上がれ!』(産業編集センター)が発売中。

Instagram:@saku_yanagawa

【Saku YanagawaのYouTubeチャンネル】

さくやながわ

最終更新:2023/02/08 13:20
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed