日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『アンチヒーロー』“疑惑の人物”が仲間入り

『アンチヒーロー』チーム明墨に“疑惑の人物”が仲間入り、検察・警察との戦いは本格化

『アンチヒーロー』チーム明墨に疑惑の人物が仲間入り、検察・警察との戦いは本格化の画像1
長谷川博己(写真/Getty Imagesより)

 検察もマークする“疑惑の人物”の目的とは……。

 5月12日に放送された日曜劇場『アンチヒーロー』(TBS系)の第5話は、冤罪の死刑囚を救うための計画を遂行していく明墨(長谷川博己)と、事件の真相を暴かれないよう画策する伊達原(野村萬斎)ら検察・警察の攻防が描かれ、ラストシーンでは戦況を左右するであろう重要人物が登場した。一見すると無関係なその人物は冤罪事件にどのように関係しているのか、いち視聴者としてさらに引き込まれた。

 盗撮、盗聴、ゆすり……。依頼人を無罪にするためなら手段を選ばない弁護士・明墨が主人公のリーガルドラマである同作。明墨の型破りな発想により彼が担当する裁判は荒れに荒れ、社会の注目を集める。正義にも悪にも見える傍若無人ぶりを発揮する明墨だが、その目的はかつての検事時代に関わっていた冤罪事件の真相究明だった。自身の責任で死刑囚となった志水(緒形直人)を救うため、明墨は検察、政治など巨大権力の闇を次々と暴いていくが、検察と警察も明墨への警戒を強めていく。第5話冒頭では、東京地方検察庁の検事正・伊達原(野村萬斎)が明墨に志水の件から手を引くよう忠告するが、明墨は不敵な笑みを浮かべてその姿勢を崩さない。一介の弁護士事務所がはたして巨悪を打ち倒せるのか。本作品の大一番「糸井一家殺人事件」の真相解明編が始まった。

「糸井一家殺人事件」は千葉県警による証拠隠蔽など検察と千葉県警が結託し、さらには弁護士までもが加担して志水が殺人犯に仕立て上げられ、第5話では志水救済作戦の前哨戦とも言える千葉県の連続婦女暴行事件が結末を迎えた。3番目の被害者・仙道(早見あかり)と千葉県警の刑事部長・倉田(藤木直人)、当初の担当弁護士・宇野(和田聰宏)が協力し、被告人・来栖(渡邊圭祐)を犯人にするシナリオを描いていたが、明墨たちはその協力関係を瓦解させ、仙道の口から虚偽の被害申告をしていたことを引き出した。見事、検察と千葉県警の癒着を白日の下に晒し、糸井一家殺人事件の真相究明に向けて布石を打つことに成功したのだった。

 糸井一家殺人事件の隠蔽役を担っていた倉田だが、伊達原による口封じ策として早急に逮捕されてしまう。かつては検事時代の明墨が、今回は実娘・紫ノ宮(堀田真由)が探っていた事実は聞き出せずじまいとなった。ただ、連続婦女暴行事件で示したように、志水にまつわる検察、警察、弁護士などの関係性を崩せれば、その綻びの一端から真実が見えてくるだろう。今後は検察や弁護士、もしくは真犯人を隠し通したい権力者を崩しにかかると予想している。

 そのキーマン候補が、第5話のラストシーンで登場した緋山(岩田剛典)だ。第2話で勤務先の社長殺害事件で無罪となった緋山は、殺人の証拠と思われる血の付いた作業着を破棄して以降、姿を見せなくなっていた。緋山は無罪確定後に明墨から“ロッカーの鍵”を手渡されており、その中身は件の作業着だと思っていた。しかし、再登場によってロッカーの中身は“明墨からの指示情報”である可能性が生まれた。明墨は緋山を無罪にする見返りとして、糸井一家殺人事件の真相究明に協力するよう取引したのか、はたまたその事件の関係者なのか……。紫ノ宮を弁護士として採用したように、緋山を仲間に引き込んだことには理由があるはずだ。

 緋山の参加、“明墨流”弁護士として着実に成長する紫ノ宮や赤峰(北村匠海)など、体制強化が著しい「チーム明墨」。第6話では出版社の女性副編集長の弁護をするようで、彼女は政治家のスキャンダル記事に関わっていたようだ。ということは、明墨の次なるターゲットは政治家なのか。ただ、メインストーリー外の小さな要素にこそ明墨の狙いがあるはずだ。緋山の再登場により、これまで明墨が担当してきた事件がつながっていることは明白。第6話に散りばめられているであろう“ヒント”を見逃さないよう、心して視聴したいところだ。

■番組情報

日曜劇場『アンチヒーロー』

TBS系毎週日曜21時~
出演:長谷川博己、北村匠海、堀田真由、大島優子、木村佳乃、野村萬斎 ほか
プロデューサー:飯田和孝、大形美佑葵
演出:田中健太、宮崎陽平、嶋田広野
脚本:山本奈奈、李正美、宮本勇人、福田哲平
音楽:梶浦由記、寺田志保
主題歌:milet「hanataba」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
法律監修:國松崇
警察監修:大澤良州
制作著作:TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/antihero_tbs/

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2024/05/19 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed