日刊サイゾー トップ > 連載・コラム

連載・コラムの記事一覧 (4553件)

「連載・コラム」のニュース記事一覧。連載・コラムに関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.564

若者は退屈さから逃げるために戦場へ向かった! 新技術が生んだ新しい映画『彼らは生きていた』

 テクノロジーの進化が、まったく新しい映画を生み出した。ファンタジー大作『ロード・オブ・ザ・リング』三部作(01~03)で知られるピーター・ジャクソン監督の『彼らは生きていた...
続きを読む
訪問ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.36

男根生い茂る、性なるパワースポット「チョンジョン彫刻公園」

 韓国一人口密度の低い田舎町・麟蹄(インジェ)郡にて、金のマリリン・モンロー像(参照記事)を拝んだ後は、1~2時間に1本の間隔で出発するバスに乗り南へと向かった。目指すは隣町...
続きを読む
整体師が注目人物の骨格と筋肉を丸裸にする短期連載【4】

嵐・大野智、休業ショックを乗り越える! 四千頭身・後藤との類似性は“阿修羅のような尊顔”に宿る

 いよいよ今年も残りわずか。2019年のワイドショーやウェブニュースを振り返り、特に世間を賑わせた男性有名人の”体”に着目してみようという本連載。その「身体」から魅力を再発掘...
続きを読む
平成J-POPプレイバック!

安室奈美恵、DA PUMP、氷川きよし……平成J-POPを彩ったアーティストはなぜ売れた?

 平成から令和へと年号が変わった2019年、90年代に始まったJ-POPの流れもひとつの節目を迎えた。誰もが知っているあのアーティストの楽曲はなぜヒットしたのか? 音楽ライタ...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

嵐・二宮和也、ツアー中の結婚発表で松本潤を筆頭にメンバー、家族、ファンの怒り買う四面楚歌に

今週の注目記事・第1位「進次郎、政治資金で『不倫ホテル代』、幽霊企業に<ポスター代>4千万円」(『週刊文春』1/2・9号) 同・第2位「松山英樹も巻き込まれた!ゴルフ部恩師『...
続きを読む
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.563

テレビ局の報道フロアは格差社会の縮図だった!? 視聴率に揺れるニュースの裏側『さよならテレビ』

 地方のテレビ局が放映した1本のドキュメンタリー番組が波紋を呼んでいる。2018年9月に東海テレビで放映された『さよならテレビ』は、視聴率の低迷、スポンサーや政権への忖度、制...
続きを読む
YouTubeウォッチ!

ゆきぽよ炎上騒動で株を上げたYouTuber・フィッシャーズ、日本人初の“アカデミー賞”受賞!

YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集者が、ここ最近起こったYouTube関連の出来事について語るコーナーです。 ゆきぽよYouTuber批判発言に、人気YouTuber...
続きを読む
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

手切れ金ゼロでも恨み言なし? 剛力彩芽、前澤氏と破局後に“業界内評価”が急回復

 ファッション大手通販サイト、ZOZO前社長・前澤友作氏と破局した女優・剛力彩芽。熱愛に没頭する姿が世間の顰蹙を買い、レギュラー番組を次々に失って再起が危ぶまれていたが、所属...
続きを読む
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」番外編

富田望生、森田望智、桜井ユキ……令和元年は個性派女優が飛躍?

 今のテレビドラマは、主演級の正統派女優は飽和状態で「美人」「かわいい」というだけではどうしても埋もれてしまう。しかし、王道に対する邪道、直球に対する変化球を投げるられる脇役...
続きを読む
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

『M-1』下馬評を覆したミルクボーイの漫才と、4つの「うねり」

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(12月15~22日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。 松本人志「過去最高って言ってもいいのかもしれないですね」  ...
続きを読む
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【1】

“コメディは最後の砦” ポリコレ検閲ばかりで萎縮する言論に喝! レズビアンネタもかます 『デオン・コールの情け無用』

 今回から、「スタンダップコメディの作品を通して見えてくるアメリカの社会」というテーマでコラムを書いていくことになった。  日本ではスタンダップコメディという芸能に聞き馴染み...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

秋篠宮の誕生日に眞子さま&佳子さまの姿見えず…婚約延期の期限前に「小室圭さんが極秘裏の動き」

今週の注目記事・第1位「不条理極まる『新幹線無差別殺人犯』『小島一朗』独占手記 私が法廷でも明かさなかった動機」(『週刊新潮』12/26号) 同・第2位「ヤクザ世論調査 現役...
続きを読む
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

梅宮辰夫さんが苦悩した「アンナと羽賀研二」、本当の出会いは山口組5代目人脈絡みだった

 最後まで“昭和の俳優”にこだわり続けた銀幕のスター・梅宮辰夫さんが、12月12日早朝、慢性腎不全のため亡くなった。81歳だった。  日大法学部在籍中に銀座でスカウトされた梅...
続きを読む
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】

消耗品ではない、アニメーションの豊かな可能性 新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

  異例のロングランヒットを記録し、現在も地方での上映が続いている片渕須直監督の劇場アニメ『この世界の片隅に』の公開スタートから3年。2時間9分あった上映時間が2時間48分に...
続きを読む
じゃまおくんの「WEB漫クエスト」

祝・結婚!! 壇蜜と結婚した清野とおるの幼少期を描く『バカ男子』がヤバすぎた!

『東京都北区赤羽』(双葉社)の清野とおる先生が、壇蜜さんと結婚という衝撃の発表から1カ月がたちました。あらためて、おめでとうございます! こんな有名人に拙著『このマンガ 恐る...
続きを読む
熱血!”文化系”スポーツ部

ラグビー、侍ジャパン、バレー……2019年のスポーツコンテンツに”リスペクト”はあった?

 あまり浸透していないが、2019~21年の3年間は、スポーツ界において「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と呼ばれている。  19年はラグビーW杯。20年はもちろん、東京オリン...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『ニッポンノワール』大コケの戦犯は脚本家!? その裏に“日テレ特有の体質”か

 賀来賢人主演のドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱―』(日曜夜10時半~/日本テレビ系)の最終回が12月15日に放送された。  プロデューサーの福井雄太、脚本の武藤将吾な...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

iPS細胞・山中教授を恫喝した首相補佐官とバツイチ女性官僚の人目を憚らない公私混同ぶり

今週の注目記事第1位「安倍首相補佐官と美人官僚がノーベル賞山中教授を“恫喝”した京都不倫出張」(『週刊文春』12/19号) 同・第2位「初告白『氷川きよし』が自殺も考えた『生...
続きを読む
「モラハラのトリセツ」第1回

三船美香、湘南ベルマーレ前監督、織田信成……意外と知らない、モラハラの境界線

 近年、「モラハラ」という言葉がさまざまな場面で使われるようになりました。三船美佳や米倉涼子のモラハラ離婚を筆頭に、J1湘南ベルマーレの曺貴裁前監督による選手へのモラハラ、最...
続きを読む
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

戸田恵梨香、朝ドラで恋人役のイケメン俳優と深夜密会報道でNHK関係者が戦々恐々

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカレーレット』で主役を務める女優・戸田恵梨香。11月末まで平均視聴率20%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)前後、視聴者満足度...
続きを読む
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】

働くほど不幸になるシステムっておかしくない? 非正規雇用者を襲うアリ地獄『家族を想うとき』

 真面目に働けば働くほど、生活は苦しくなり、幸せが遠のいていく。矛盾した話だが、それが今ある格差社会の現実だ。休みなく働き続けても、暮らしはまるで楽にならず、身も心もボロボロ...
続きを読む
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

勝新太郎と横山やすし、昭和を代表する大スターの息子が歩んだ対照的な人生

 昭和を代表する映画スターの故・勝新太郎さんと、女優・中村玉緒さんの長男で俳優の鴈龍さんが、11月1日に急性心不全で急死していたことが明らかになった。55歳だった。  勝さんと...
続きを読む
YouTubeウォッチ!

美男美女YouTuberに批判殺到、シバターが朝倉未来に瞬殺……YouTuberも楽じゃない?

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集者が、ここ最近起こったYouTube関連の出来事について語るコーナーです。 美男美女YouTuber・ヴァンゆんが『有吉反省会』...
続きを読む
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

吉岡里帆『時効警察』で取り戻した、「正統派に見えて実は邪道」という持ち味

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えているが、個人的に最も楽しく観ていたのが『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)だ。  本作は1話完結のミステリードラマで、物語は総...
続きを読む
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

オードリー・若林から宮下草薙・草薙へ受け継がれる「自意識過剰芸人の葛藤」

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(12月1~7日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。 オードリー・若林「俺もね、ホントやりにくかったのよ、35から40...
続きを読む
整体師が注目人物の骨格と筋肉を丸裸にする短期連載【3】

羽生結弦と宇野昌磨を身体的に徹底比較! アジアの骨盤とラテンな尻が世界を制する日

 いよいよ今年も残りわずか。2019年のワイドショーやウェブニュースを振り返り、特に世間を賑わせた男性有名人の”体”に着目してみようという本連載。その「身体」から魅力を再発掘...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

日韓関係の悪化がク・ハラを追い詰めた? ジャニーズをお手本とした韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追い詰めた『日本へ帰れ!』の罵声」(『週刊文春』12/12号) 同・第2位「『桜を見る会』絶体絶命 イチロー『国民栄誉賞はいりません...
続きを読む
じゃまおくんの「WEB漫クエスト」

『岡崎に捧ぐ』著者の戦慄する日常エッセイマンガ『きょうも厄日です』

「厄日じゃねーか!」と思えるような悲惨な体験も、マンガのネタにできると思えばオイシイ――もしかしたらエッセイマンガをなりわいとする人々は、そういうポジティブな発想で日々を過ごし...
続きを読む
ズバッと!芸能人

田中みな実「好きな女子アナ」で2位! “下世話”と“美しさ”を手に入れた“ぶりっこ”の快進撃

 今回取り上げるのは、田中みな実だ。かつてはその“ぶりっ子”ゆえ「女の敵」だった彼女も、このところ好感度がアップ。先ごろ発表された「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコ...
続きを読む
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.560

夢のスーパーカーを開発した男のトンデモ人生! 仕事のためなら手も汚す『ジョン・デロリアン』

 この人がいなかったら、大人気SF映画はずいぶんと違ったものになっていたに違いない。そう思わせるのが、天才的自動車エンジニアとして活躍したジョン・デロリアンだ。そう、彼の名前...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

連載・コラム記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

架空経費は絶対にバレるのでご注意

 確定申告の季節です。みなさんは、「クロヨン...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真