日刊サイゾー トップ > 佐村河内守

佐村河内守の記事一覧 (23件)

『FAKE』公開記念ロングインタビュー
二極化する世界への違和感──『FAKE』森達也が“ゴーストライター”佐村河内守を撮ったワケ
オウム真理教の信者を追ったドキュメンタリー映画『A』『A2』の森達也監督にとって15年ぶりとなる単独監督作『FAKE』が、6月4日から渋谷・ユーロスペースほか全国で順次公開される...
「私は無関係」!? BPO勧告にも頭を下げなかったTBS『アッコにおまかせ!』和田アキ子に非難の声
TBSは22日の『アッコにおまかせ!』の放送終了後、佐村河内守氏の作曲偽装問題をめぐり、放送倫理・番組向上機構(BPO)から勧告を受けたことを報告した。 昨年3月9日放送分で、十...
『音楽という<真実>』発売記念ロングインタビュー
“断れない作曲家”新垣隆が振り返る「あの騒動」と、バラエティ番組に出まくるワケ
小保方晴子、号泣議員……と、メチャクチャ濃いお騒がせキャラクターが登場しまくっていた2014年。その中で、唯一の勝ち組ともいえるのが作曲家の新垣隆だ。 耳が聞こえない作曲家という...
復讐するは我にあり!? 佐村河内映画に本人が全面協力のワケとは――
佐村河内守氏のゴーストライター騒動が、ドキュメンタリーとして映画化されるという。監督はオウム真理教が題材の映画『A』で注目された森達也氏が務める。 佐村河内氏は聴覚障害を乗り越え...
「絶対に許さない!」“偽ベートーベン”佐村河内守氏が、このタイミングでインタビューに応じたワケ
全聾(ろう)であると偽り、世間を騒がせた佐村河内守氏が21日放送の『今年のニュース決定版!2014』(フジテレビ系)のインタビューに答えた。
すっかりタレント気取りの“ゴーストライター”新垣隆氏に困惑する人々
“偽ベートーベン”佐村河内守氏のゴーストライターとして話題となった作曲家の新垣隆氏が、9日放送のフジテレビ系『ノンストップ!』にVTR出演。今年1年を振り返り「本当の解決かどうか...
“偽ベートーベン”佐村河内守氏が、和田アキ子に宣戦布告! その狙いとは──
久しぶりにその名前を聞いた。耳がまったく聞こえない全聾(ろう)であることを偽っていた佐村河内守氏が、“芸能界の女番長”こと和田アキ子に牙をむいた。「放送倫理・番組向上機構(BPO...
収入は1.5倍! ノリノリのゴーストライター新垣隆氏に違和感「『私も共犯者』なはずなのに……」
全聾(ろう)偽装問題で佐村河内守氏のゴーストライターを務めた作曲家・新垣隆氏のメディア露出が増えている。今月19日にはニコニコ生放送『ニコニコ23時間テレビ』に出演し、新作の交響...
騒動から5カ月……“佐村河内ゴースト騒動”の新垣隆氏にオファー続々「ガッキーブーム来る!?」
“全聾の作曲家”こと佐村河内守氏のゴーストライターだと名乗り、一躍時の人となった作曲家の新垣隆氏が、発売中の「女性自身」(光文社)に登場。「仕事量も収入も、1.5倍くらいになりま...
佐村河内守氏の“泣き芸”に共作容認も、新垣氏が唯一譲れないアノ楽曲とは――
ニセ作曲家騒動の佐村河内守氏のゴーストライターだった作曲家の新垣隆氏が今月5日、佐村河内氏が「共作」という形で自分にも著作権があるとアピールしていることについて、一部の楽曲につい...
テレビ辛口研究所
笑ってはいけない謝罪会見!? 佐村河内守氏が「コントっぽかった」理由を構成作家が完全分析
聴覚障害を持ちながら、『交響曲第1番 HIROSHIMA』などを作曲したということで脚光を浴びるも、それらが実はゴーストライターによる代作と発覚。さらに、聴覚障害の程度についても...
芸能マスコミが恐れる男を“守護神”に……佐村河内守氏の逆ギレ訴訟に勝ち目はあるのか
“偽ベートーベン”こと佐村河内守氏が、ゴーストライターを務めた新垣隆氏を「訴える」と息巻いている。 これは、今月7日に開いた謝罪会見という名の“逆ギレ会見”で突然ブチ上げたもの。...
佐村河内騒動、いまだ終わり見えず……暴走会見で泥沼訴訟へ発展か
作曲家の佐村河内守氏がゴーストライターに曲を作らせ、自らの作品として発表していた問題で7日、記者会見を開いた。民放各社がその一部を、ニコニコ生放送ではすべてを生中継した。
「新垣さんと義理の母を訴える!」“偽ベートーベン”佐村河内守氏が謝罪会見で怪気炎!
ニコニコ生放送で中継された佐村河内氏の会見 「交響曲第1番 HIROSHIMA」(日本コロムビア)が18万枚を超えるなど、クラシック界で異例のセールスを続けていた“自称”作曲家・...
佐村河内守氏の“ゴーストライター”新垣隆氏に、ゲーム業界からラブコール「ぜひ新作を!」
作曲家として知られていた佐村河内守氏の“ゴーストライター”として、実際に作曲を行っていた新垣隆氏に、ゲーム業界から「新作の音楽を担当してほしい」という、ラブコールが上がっている。
「知らなかったことにして!」佐村河内守氏“仕掛け人”テレビマンとの共犯関係が暴露される?
実際には作曲していなかったことが発覚した作曲家・佐村河内守氏の騒動で、同氏を番組で取り上げたテレビマンA氏が周囲に「俺は何も知らなかったことにしてほしい」と口止め工作をしていたこ...
「ギャラは100万円超!?」佐村河内守氏の代理人辞任で、テレビ各局の独占インタビュー争奪戦が勃発
作曲に加え、聴覚障害もウソであることがバレてしまった佐村河内守氏の代理人2名が、「方向性の違い」を理由に辞任した。 外れたのは折本和司弁護士と若松みずき弁護士で、マスコミ各社に「...
週末芸能ニュース雑話
AKB48子ども向け本、佐村河内守そっくりさん大集合、ダル・カトパン熱愛報道……芸能界悲喜こもごも
ベテランデスクTと新米記者Hが、今週の芸能ニュースを振り返ります。デスクT ゴーストライター騒動の佐村河内守氏と、紅白出場歌手のLinked HorizonのRevoって、外見が...
苦し紛れの言い訳でさらにピンチ!
「本当なら奇跡だが……」“聴力回復”も障害者2級認定の佐村河内守氏に逃げ場なし
ゴーストライターに作曲させていたことが発覚した“エセ作曲家”佐村河内守氏が12日未明、報道各社に謝罪文を送り「3年くらい前から、言葉が聞き取れるときもあるまでに回復していた」と衝...
「3年前から回復していた」佐村河内守氏の謝罪に「往生際が悪い」「ウソの上塗り」と疑念の声
「両耳の聞こえない作曲家」として知られていた佐村河内守氏(50)の楽曲が、ゴーストライターによる作品だった問題で、代理人が12日、佐村河内氏の直筆による謝罪文を、マスコミ各社にフ...
佐村河内守氏の“ゴーストライター騒動”で、最も「得」をした人物は……?
“現代のベートーベン”ともてはやされた佐村河内守氏が、一夜にして“エセ作曲家”に成り下がった。 今月6日、桐朋学園大非常勤講師・新垣隆さんが、同氏のゴーストライターを18年間続け...
総額3億円超!? “偽ベートーベン”佐村河内守を待つ賠償請求ラッシュ――
ゴーストライターを使っていたことが発覚した“偽ベートーベン”の佐村河内守氏は、今ごろ賠償金地獄に戦々恐々だろう。 桐朋学園大非常勤講師・新垣隆氏の告発によりすべてが明らかとなり、...
作曲家ゴースト告白の“タイミング”に賛否 坂上忍が新垣氏に苦言「今じゃないでしょ!」
「交響曲第1番 HIROSHIMA」(日本コロムビア)が18万枚を超える売り上げを記録するなど、クラシック界で異例の人気を誇った作曲家・佐村河内守氏が、長年にわたってゴーストライ...
ページ上部へ戻る

配給映画

佐村河内守記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

小栗旬が事務所から独立決意か

 自身のYouTubeチャンネルで過去に交友...…
写真
インタビュー

『満州アヘンスクワッド』インタビュー

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇(ひがた...…
写真