日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.29

シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』

onnnanoko_main.jpgなつみ(大後寿々花、写真中央)、きみこ(波瑠、写真左)、みさ(高山郁子)
は上品なお嬢さまグループとは肌が合わず、いつも3人で過ごしていた。
ケンカばかりしている両親を見ていると、自分たちは幸せになれるのか自信が
持てない。(c)2009 西原理恵子・小学館/「女の子ものがたり」製作委員会

 リリー・フランキーの『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07)、みうらじゅんの『色即ぜねれいしょん』(現在公開中)に続いて、”サブカル文豪御三家”きっての毒舌家・西原理恵子の自伝的コミック『女の子ものがたり』が映画化された。高知県の漁師町で育った西原理恵子の自伝的要素の強い代表作『ぼくんち』は、すでに阪本順治監督によって2003年に映画化されているが、『ぼくんち』が少年目線だったのに対し、『女の子ものがたり』は小学生時代を実写版『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)の森迫永依、高校時代を『SAYURI』(05)の大後寿々花、漫画家になってからを『博士の愛した数式』(06)の深津絵里、と各世代の演技派女優たちが演じ分け、より自伝色が強く感じられるヒロインの成長談となっている。

 西原理恵子は自身の実体験の商品化が実にうまい。子育ての日常を綴った『毎日かあさん』(アニメ版がテレビ東京系で放映中)でそれまではサブカル層に限定されていた読者を主婦層に拡大し、息子がランドセルに落書きしていた”イマジナリーフレンド”を題材にした『いけちゃんとぼく』は6月に公開され、切ない恋愛ファンタジーとして全国各地でロングラン上映が続いている。

「カリスマ主婦として人気を集めたマーサ・スチュワートのポジションを狙っているんです。マーサ・スチュワートはマネーロンダリングで捕まっちゃったけど、私は”自分ロンダリング”だから大丈夫(笑)。一時期、ポスト瀬戸内寂聴の座も考えていたんですが、そちらは岩井志麻子ちゃんに譲りました」

 サイバラ御殿を取材で訪問したところ、おなじみの毒舌テイストを交えながら、自作のスタイルについて語ってくれた。きっぷの良さは、いかにも南国育ちの女性らしい。

 アルコール依存症だった実父の事故死、会社経営に失敗した継父の自殺、戦場カメラマンである夫・鴨志田穣氏との死別……、そんな辛い体験も自分の血とし肉として、作品として昇華させる。目を逸らしたくなる現実を冷静に見つめ、自分の中に受け入れることは相当の気力と体力がなくてはできないタフな作業だ。また、お世辞にもうまいとは言えないアバウトな絵のタッチが、過酷な現実を穏やかなものに中和させる効果を発揮している。

 映画『女の子ものがたり』では、主人公のなつみ(大後寿々花)に対し、継父(板尾創路)が「お前はなんか違う。他人と違う人生が送れるかもしれん」と繰り返し呟く。ビンボー人同士が足を引っ張り合う閉鎖的な田舎町でのどん底生活から抜け出すためにギャンブルでの一発勝負に出た継父は、その夜自分から現実社会を退場してしまう。通夜の席が借金の取り立ての場となり、残された家族はダブルでショックだ。では、継父自身が叶えられなかった「他人とは違う人生」とは、一体どのようなものなのだろう。

onnnanoko_sub1.jpg漫画家になったヒロインを深津絵里が好演。
原作者・西原理恵子とは顔も体格も違うのに、
なんとなく重なって見えてくるから不思議です。

 小学生の頃からなつみと一緒に過ごしてきた親友のきみこ(波瑠)、みさ(高山郁子)は暴力を振るうことでしか自己顕示できない男との同棲やカードローンで手に入れたブランド品で着飾ることで過去のイケてない自分とおさらばしようとする。しかし、それは泥の船に乗るようなものだ。いくらも進まないうちに、泥の船は水没していく。現実の重みに泥の船は耐えられないのだ。なつみは泥の船に乗る代わりに、背負うには重すぎる現実と追い掛けるには遠すぎる未来を一枚の絵に描くことで辛うじて踏みとどまる。絵がうまい下手は関係ない。自分が描いた絵の中に、なつみは自分が進むべき道を見いだす。

 人の一生は、親から受け継いだ遺伝子と生まれ育った環境に大きく支配されるが、遺伝子と環境のせいにしてそのまま押し流されていくか、自分の意思で抗って生きていくかで一生の中身は別ものになる。なつみは絵を描くことで、新しい世界に上陸する覚悟を決める。

 西原理恵子のエッセイ『この世でいちばん大事な「カネ」の話』(理論社)によると、西原理恵子は飲酒による補導が原因で高校を退学になっているが、この処分に納得できなかった彼女は継父に励まされ、高校を相手取って裁判に持ち込んでいる。そして上京後もフリーのイラストレーターとして出版社に自分を売り込むという新しい闘いの生活が始まる。人生とは、まさに闘いの連続だ。映画の中でも、なつみは親友たちと派手にケンカ別れすることで、故郷を後にする。

 闘い続ける生活は正直しんどい。相手だけでなく、自分の心の中までザラザラしていく。そんなときに”人生の徳俵”として存在するのが、フィクションの世界だ。土俵に徳俵があるかどうかで闘い方は、まるで変わってくる。しかし、その徳俵を有効に活用できるのは、目の前の現実に正面からぶつかっていった者だけだ。最初から徳俵に逃げ込めば、すぐに現実に弾き出されてしまう。西原理恵子はどうしようもなくシビアで下世話で理不尽な現実に土俵際まで押し込まれながらも、日々の生活の中で培ったフィクション、ギャグ、自虐ネタ、ファンタジーという名の徳俵で踏みとどまり、豪快に現実をうっちゃってみせる。

 筆者の小学生時代の体験で恐縮だが、近所のガキ大将にそそのかされて、『スタンド・バイ・ミー』(86)さながらに長い長い鉄橋をひとりで渡ったことがある。鉄橋の真ん中あたりで列車が現われ万事休すに陥ったが、目の前に”徳俵”のように線路から張り出したキャットウォークが取り付けてあり、そこにしがみついて運良く命拾いした。

 何をもって”人生の徳俵”にするかは人それぞれだが、人生には徳俵があることを思い出せば、けっこー生き方は変わると思う。少なくとも徳俵のことを考えるほんのわずかな余白さえあれば、自分から命を絶つような真似はしなくて済むはずだ。生命力に溢れた西原作品に触れる度に、しみじみそう感じる。
(文=長野辰次)

onnnanoko_sub2.jpg

『女の子ものがたり』
原作/西原理恵子
監督・脚本/森岡利行
出演/深津絵里、大後寿々花、福士誠治、波瑠、高山郁子、森迫永依、三吉彩花、佐藤初、黒沢あすか、上島竜兵、西原理恵子、板尾創路、奥貫薫、風吹ジュン
8月29日(土)より渋谷シネクイント、シネカノン有楽町2丁目、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー
<http://onnanoko-story.jp>

女の子ものがたり

昔はこんなコでした

amazon_associate_logo.jpg

●深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】INDEX
[第28回]“おねマス”のマッコイ斉藤プレゼンツ 不謹慎さが爆笑を呼ぶ『上島ジェーン』
[第27回]究極料理を超えた”極地料理”に舌鼓! 納涼&グルメ映画『南極料理人』
[第26回]ハチは”失われた少年時代”のアイコン  ハリウッド版『HACHI』に涙腺崩壊!
[第25回]白熱! 女同士のゴツゴツエゴバトル 金子修介監督の歌曲劇『プライド』
[第24回]悪意と善意が反転する”仮想空間”細田守監督『サマーウォーズ』
[第23回]沖縄に”精霊が暮らす楽園”があった! 中江裕司監督『真夏の夜の夢』
[第22回]“最強のライブバンド”の底力発揮! ストーンズ『シャイン・ア・ライト』
[第21回]身長15mの”巨大娘”に抱かれたい! 3Dアニメ『モンスターvsエイリアン』
[第20回]ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』
[第19回]ケイト姐さんが”DTハンター”に! オスカー受賞の官能作『愛を読むひと』
[第18回]1万枚の段ボールで建てた”夢の砦”男のロマンここにあり『築城せよ!』
[第17回]地獄から甦った男のセミドキュメント ミッキー・ローク『レスラー』
[第16回]人生がちょっぴり楽しくなる特効薬 三木聡”脱力”劇場『インスタント沼』
[第15回]“裁判員制度”が始まる今こそ注目 死刑執行を克明に再現した『休暇』
[第14回]生傷美少女の危険な足技に痺れたい! タイ発『チョコレート・ファイター』
[第13回]風俗嬢を狙う快楽殺人鬼の恐怖! 極限の韓流映画『チェイサー』
[第12回]お姫様のハートを盗んだ男の悲哀 紀里谷監督の歴史奇談『GOEMON』
[第11回]美人女優は”下ネタ”でこそ輝く! ファレリー兄弟『ライラにお手あげ』
[第10回]ジャッキー・チェンの”暗黒面”? 中国で上映禁止『新宿インシデント』
[第9回]胸の谷間に”桃源郷”を見た! 綾瀬はるか『おっぱいバレー』
[第8回]“都市伝説”は映画と結びつく 白石晃士監督『オカルト』『テケテケ』
[第7回]少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』
[第6回]派遣の”叫び”がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』
[第5回]三池崇史監督『ヤッターマン』で深田恭子が”倒錯美”の世界へ
[第4回]フランス、中国、日本……世界各国のタブーを暴いた劇映画続々
[第3回]水野晴郎の遺作『ギララの逆襲』岡山弁で語った最後の台詞は……
[第2回]『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
[第1回]堤幸彦版『20世紀少年』に漂うフェイクならではの哀愁と美学

最終更新:2012/04/08 23:08

シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

特殊効果の神が生んだディストピア映画

 映画ジャンルのひとつに、「地獄めぐり」があ...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真