日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 『男はつらいよ』の別エンディング? ”寅さん”の最期を描く『おとうと』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.52

『男はつらいよ』の別エンディング? ”寅さん”の最期を描く『おとうと』

otouto.jpg吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟役を演じた『おとうと』。
鶴瓶が扮する鉄郎は、自由気ままに生きてきた”寅さん”的キャラクター。
フリーター層の将来を憂いた社会派ドラマでもある。
(C)2010「おとうと」製作委員会

 藤子不二雄の代表作『オバケのQ太郎』は、ごく普通の少年・正太くんの家に居候する無芸大食漢でお人好しのオバケ・Q太郎が巻き起こす明るいドタバタコメディーだが、藤子・F・不二雄が1973年に発表した『劇画・オバQ』では大人になった正太と年をとらないQ太郎が15年ぶりに再会するという後日談が描かれている。久々の再会を喜び合う2人だが、結婚した正太の新居にはQ太郎の居場所はなく、自分がやっかい物であることを察したQ太郎は人知れず消えていくという苦い結末が待っている。『男はつらいよ』シリーズで知られる山田洋次監督の最新作『おとうと』を観終えて、『劇画・オバQ』を思い起こした。『男はつらいよ』の主人公”永遠の旅人”寅さんの最期を、リアリズムで描いたのが『おとうと』なのだ。

 『男はつらいよ』の愚兄・寅次郎(渥美清)としっかり者の妹・さくら(倍賞千恵子)の関係が、『おとうと』では女手ひとつで薬局を営む姉・吟子(吉永小百合)と関西で大衆演劇の役者を目指している弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶)に置き換えられている。第1作『男はつらいよ』(69)の寅さんは社会生活になじめない粗暴な男だったが、シリーズ化されていくことで、次第に旅にロマンを求め、甥っ子の満男(吉岡秀雄)らに恋愛指南する人格者になっていった。だが、『男はつらいよ』の変奏曲である『おとうと』の鉄郎は、寅さんが先祖帰りしたようなキャラクターだ。下品で、酒癖が悪く、吟子の娘・小春(蒼井優)の結婚披露宴を台無しにしてしまう。その上、ギャンブル好きで金銭感覚にだらしなく、同棲相手(キムラ緑子)からお金を騙し取る鼻つまみ者だ。寅さんは国民的人気キャラクターになることで”粋な自由人”として美化されていったが、エリート医師との結婚生活をダメにされた姪っ子・小春の視線で見れば、鉄郎のような放浪者は人生の落伍者、疫病神にしか映らない。

 心優しい姉の吟子は、小春の披露宴での鉄郎の失態は好意の空回りとして許すものの、同棲相手の蓄えにまで手を出していたことを知ると、夫を失ってから苦労して店のやりくりをしてきた吟子の怒りが爆発する。一度は姉弟の縁を切る吟子だが、別れ際で見せた鉄郎の顔色の悪さが脳裏から離れない。しばらくは鉄郎のいない、穏やかな日々が続くが、悪い予感ほど的中するもの。その後、鉄郎と再会を果たす場所は、身寄りのない重症患者を収容する大阪のホスピスとなる。『男はつらいよ』で描かれることのなかった放浪者の痛々しい最期が見せつけられる。

otouto02.jpg『男はつらいよ』の満男(吉岡秀雄)にあたるのが、
『おとうと』の小春(蒼井優)。エリート医師と
結婚するも、生活のスレ違いからあっさり離婚
してしまう出戻り娘役なのだ。

 TVドラマ版『男はつらいよ』(1968~69年/フジテレビ系)の最終回で奄美大島に渡った寅さんはハブに噛まれて客死、柴又一帯は再開発され「とらや」も取り壊され……というシビアな結末を放送したところ、フジテレビに苦情が殺到。その反響の大きさから映画版『男はつらいよ』が制作されたというのは有名なエピソードだ。そのため、映画版のシリーズ最終作『寅次郎 紅い花』(95)では寅さんはまだスクリーンの中で旅を続け、柴又の人々は寅さんが帰ってくるのをいつまでも待ち続けているというファンタジックなエンディングとなっている。しかし、辛口の社会派ドラマである『おとうと』では、経済効率が最優先される現代社会に、もはや”寅さん”の居場所はない。姉の吟子はボケはじめた姑・絹代(加藤治子)と結婚に失敗した出戻り娘・小春の世話を焼くことで精一杯。その上、駅前にショッピングセンターが建てられ、個人経営の店舗は風前の灯だ。血を分けた弟のことが気にはなっていても、かまってやる余裕がない。寅さんには「とらや」があるが、鉄郎には帰るべき場所がどこにもないのだ。

 鉄郎が最期の日々を過ごすのは、大阪のドヤ街にある「みどりのいえ」。東京の山谷地区にある民間ホスピス「きぼうのいえ」をモデルにしたもの。ホームレスをはじめとする身寄りのない人、行き場のない人たちのために、最期だけでも安心して過ごせるようにと02年に立ち上げられた特定非営利活動法人だ。入居者たちが受給する生活保護費で運営されている。入居者たちには個室が与えられ、リハビリに努める傍ら、約500本あるビデオライブラリーを自由に鑑賞するなどして残された日々を過ごすそうだ。中でも『男はつらいよ』シリーズは人気が高いらしい。鉄郎役の鶴瓶は、この「きぼうのいえ」を取材した上で15kgの減量に取り組み、やつれていく鉄郎を演じている。

 山田洋次監督は『たそがれ清兵衛』(02)をはじめとする藤沢周平時代劇三部作で下級武士が組織の都合に振り回されながらも、家庭の中に幸せを見出す姿を描いているが、その一方では『男はつらいよ』の原型となったハナ肇主演作『馬鹿まるだし』(64)や『なつかしい風来坊』(66)、高倉健を主演に迎えた『幸せの黄色いハンカチ』(77)などで、社会からはみ出してしまった者へ常に温かい眼差しを送っている。山田洋次監督はプロフィール上では31年大阪府豊中市生まれとなっているが、父親が鉄道技師だったことから2歳のときに中国大陸に渡り、終戦後の47年に大連から引き揚げてきた外地育ちの苦労人だ。わずか13年で地図上から消えた”幻の国”満州国で思春期を過ごしている。いわば、故郷の喪失者。同年生まれで、やはり満州国で少年時代を過ごした水野晴郎先生が死ぬまで『シベリア超特急』シリーズにこだわり続けたように、山田洋次監督も繰り返し、繰り返し”理想の故郷”を描き続ける。寅さんのような放浪者を受け入れる寛容さのある社会こそが、山田洋次監督の思い描く理想郷だろう。

 『おとうと』では小春が想いを寄せる電器屋の息子・亨(加瀬亮)が、小春の家の動かなくなったドアを修理しながら印象的な台詞を口にする。「腕のいい大工は、素材が軋むことも計算に入れて家を建てるもんなんだよ」。きっちり寸法通りに建てられた家は、見栄えこそ良くても家自体の重みで歪み、機能しなくなるのだと。人間社会も同じように、はみ出し者を許容できるような余裕がないと共同体として機能しないよ、という山田洋次監督からの婉曲なメッセージである。

 映画はクライマックス、死期を悟った鉄郎を吟子は泊まり込みで看病する。リボンをお互いの手首に巻いて並んで眠るシーンは、市川崑監督の名作『おとうと』(60)へのオマージュ。リボンで結ばれた2人は、まるで一卵性双生児のようだ。世界中の誰よりも似た遺伝子を持って生まれながらも、美人の姉は明るい日なたの道を歩き、不器用な弟は日陰道を歩くことになった。一度は縁を切った不肖の弟だが、やはり弟を失うということは姉・吟子の心と体の一部分がそこなわれるということでもあるのだ。

 芸人として身を立てるという夢も、家庭を持つこともできなかった鉄郎だが、自分の好きなことをひたすらやって生き、優しい姉に看取られて最期を迎える。幸せに彩られたバッドエンディングではないだろうか。もうひとりの”寅さん”の死を、山田洋次監督は厳粛さを持って見送っている。
(文=長野辰次)

otouto.3jpg.jpg『おとうと』
監督/山田洋次 出演/吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮、小林稔侍、森本レオ、茅島成美、ラサール石井、佐藤蛾次郎、池乃めだか、田中壮太郎、キムラ緑子、笹野高史、小日向文世、横山あきお、近藤公園、石田ゆり子、加藤治子 配給/松竹 1月30日より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー公開中 <http://www.ototo-movie.jp/>

第1作 男はつらいよ HDリマスター版

人情溢れる最高傑作

amazon_associate_logo.jpg

●深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】INDEX
[第51回]ひとり相撲なら無敵のチャンピオン! 童貞暴走劇『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
[第50回]ヒース・レジャーが最後に見た夢の世界 理想と欲望が渦巻く『Dr.パルナサスの鏡』
[第49回]トニー・ジャーは本気なんジャー! CGなしの狂乱劇再び『マッハ!弐』
[第48回]全米”オシャレ番長”ズーイー、見参! 草食系に捧ぐ『(500日)のサマー』
[第47回]市川崑監督&水谷豊”幻の名作”『幸福』28年の歳月を経て、初のパッケージ化
[第46回]押井守監督、大いなる方向転換か? 黒木メイサ主演『アサルトガールズ』
[第45回]ドラッグ漬けの芸能関係者必見!”神の子”の復活を追う『マラドーナ』
[第44回] 暴走する”システム”が止まらない! マイケル・ムーア監督『キャピタリズム』
[第43回]“人は二度死ぬ”という独自の死生観『ガマの油』役所広司の監督ぶりは?
[第42回]誰もが共感、あるあるコメディー! 2ちゃんねる発『ブラック会社』
[第41回]タラとブラピが組むと、こーなった!! 戦争奇談『イングロリアス・バスターズ』
[第40回]“涅槃の境地”のラストシーンに唖然! 引退を賭けた角川春樹監督『笑う警官』
[第39回]伝説の男・松田優作は今も生きている 20回忌ドキュメント『SOUL RED』
[第38回]海より深い”ドメスティック・ラブ”ポン・ジュノ監督『母なる証明』
[第37回]チャン・ツィイーが放つフェロモン爆撃 悪女注意報発令せり!『ホースメン』
[第36回]『ソウ』の監督が放つ激痛バイオレンス やりすぎベーコン!『狼の死刑宣告』
[第35回]“負け組人生”から抜け出したい!! 藤原竜也主演『カイジ 人生逆転ゲーム』
[第34回]2兆円ペット産業の”開かずの間”に迫る ドキュメンタリー『犬と猫と人間と』
[第33回]“女神降臨”ペ・ドゥナの裸体が神々しい 空っぽな心に響く都市の寓話『空気人形』
[第32回]電気仕掛けのパンティをはくヒロイン R15コメディ『男と女の不都合な真実』
[第31回]萩原健一、松方弘樹の助演陣が過剰すぎ! 小栗旬主演の時代活劇『TAJOMARU』
[第30回]松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇
[第29回]シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』
[第28回]“おねマス”のマッコイ斉藤プレゼンツ 不謹慎さが爆笑を呼ぶ『上島ジェーン』
[第27回]究極料理を超えた”極地料理”に舌鼓! 納涼&グルメ映画『南極料理人』
[第26回]ハチは”失われた少年時代”のアイコン  ハリウッド版『HACHI』に涙腺崩壊!
[第25回]白熱! 女同士のゴツゴツエゴバトル 金子修介監督の歌曲劇『プライド』
[第24回]悪意と善意が反転する”仮想空間”細田守監督『サマーウォーズ』
[第23回]沖縄に”精霊が暮らす楽園”があった! 中江裕司監督『真夏の夜の夢』
[第22回]“最強のライブバンド”の底力発揮! ストーンズ『シャイン・ア・ライト』
[第21回]身長15mの”巨大娘”に抱かれたい! 3Dアニメ『モンスターvsエイリアン』
[第20回]ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』
[第19回]ケイト姐さんが”DTハンター”に! オスカー受賞の官能作『愛を読むひと』
[第18回]1万枚の段ボールで建てた”夢の砦”男のロマンここにあり『築城せよ!』
[第17回]地獄から甦った男のセミドキュメント ミッキー・ローク『レスラー』
[第16回]人生がちょっぴり楽しくなる特効薬 三木聡”脱力”劇場『インスタント沼』
[第15回]“裁判員制度”が始まる今こそ注目 死刑執行を克明に再現した『休暇』
[第14回]生傷美少女の危険な足技に痺れたい! タイ発『チョコレート・ファイター』
[第13回]風俗嬢を狙う快楽殺人鬼の恐怖! 極限の韓流映画『チェイサー』
[第12回]お姫様のハートを盗んだ男の悲哀 紀里谷監督の歴史奇談『GOEMON』
[第11回]美人女優は”下ネタ”でこそ輝く! ファレリー兄弟『ライラにお手あげ』
[第10回]ジャッキー・チェンの”暗黒面”? 中国で上映禁止『新宿インシデント』
[第9回]胸の谷間に”桃源郷”を見た! 綾瀬はるか『おっぱいバレー』
[第8回]“都市伝説”は映画と結びつく 白石晃士監督『オカルト』『テケテケ』
[第7回]少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』
[第6回]派遣の”叫び”がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』
[第5回]三池崇史監督『ヤッターマン』で深田恭子が”倒錯美”の世界へ
[第4回]フランス、中国、日本……世界各国のタブーを暴いた劇映画続々
[第3回]水野晴郎の遺作『ギララの逆襲』岡山弁で語った最後の台詞は……
[第2回]『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
[第1回]堤幸彦版『20世紀少年』に漂うフェイクならではの哀愁と美学

最終更新:2012/04/08 23:02
こんな記事も読まれています

『男はつらいよ』の別エンディング? ”寅さん”の最期を描く『おとうと』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真