日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 仲里依紗がアニメから実写へと跳躍! 母娘2代の時空旅行『時をかける少女』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.56

仲里依紗がアニメから実写へと跳躍! 母娘2代の時空旅行『時をかける少女』

tokikake01.jpg仲里依紗がアニメ版に続いて実写版『時をかける少女』に主演。
筒井康隆の原作小説でおなじみのヒロイン”芳山和子”の娘・
芳山あかりとして時空を駆け抜ける。
(c)映画「時をかける少女」製作委員会2010

 映画は残酷なメディアだ。原田知世主演作『時をかける少女』(83)を観る度にそう思う。27年前の作品ながら、撮影時15歳だった原田知世の輝きは今なお色褪せることがない。しかし、その美しさは、ちょっとした環境の変化にも耐えられない希少種の蝶のようなはかなげなもの。その後の原田知世は『時をかける少女』で演じた芳山和子のイメージを引きずりながらも、『私をスキーに連れてって』(87)、近年も『さよならCOLOR』(05)、『紙屋悦子の青春』(06)、『となり町戦争』(07)と活躍しているが、当然ながら映画の中の芳山和子は時計の針が止まったかのように成長することがない。青春映画の名作として誉れ高い大林宣彦監督の『時をかける少女』には、クロロホルムをかがせた美しい蝶をピンセットで愛でるような危険な香りが漂う。そんな陰性の魅力をたたえたオリジナル版に対し、仲里依紗主演による実写版『時をかける少女』はエネルギッシュな陽性の魅力が溢れる作品となった。

 筒井康隆が1967年に発表した同名小説をベースにした映像作品は、これまで浅野真弓(72年『タイムトラベラー』)、原田知世(83年)、南野陽子(85年)、内田有紀(94年)、中本奈奈(97年)、安倍なつみ(02年)らがヒロイン・芳山和子を演じてきた。細田守監督による劇場アニメ『時をかける少女』(06)で芳山和子の姪・紺野真琴として声優を務めた仲里依紗だが、谷口正晃監督による実写版で演じるのは芳山和子の娘・芳山あかり役。思い込んだら後先考えずに走り出す、直情型の現代っ子。母親想いだが、タイムリープする年代を間違えてしまうドジっ娘という、従来の芳山和子像と異なるキャラクターだ。

tokikake02.jpgタイムリープした芳山あかり(仲里依紗)は
74年の世界で大学生の涼太(中尾明慶)と
知り合う。涼太が自主製作する8mm映画を
あかりは手伝うことに。

 中学生のときに不思議な体験をした芳山和子(安田成美)は薬学者となり、タイムリープを可能とする新薬の開発に成功する。しかし、運悪く事故に遭い、昏睡状態に。母親が中学のときに出会った初恋の男性のことを今も想い続けていることを知った娘の芳山あかり(仲里依紗)は、母親の代理として70年代にタイムトリップ。しかし、そそっかしいあかりは到着する年代を微妙に間違ってしまう。たまたま出会ったお人好しの大学生・涼太(中尾明慶)や高校時代の母親・和子(石橋杏奈)らを巻き込んで、母親の初恋の相手である深町一夫を探し回る。

 タイトル通り、劇中の仲里依紗はしゃにむに走る。オープニングから、タイムリープしながら、そして70年代に迷い込んでからも母親の初恋を成就させようと懸命に走る。公開を控えた仲里依紗に話を聞く機会があった。中学時代は走るのが苦手で、50m走は11秒台だったそうだ。「まずピストルの音にビビって、出遅れちゃう(苦笑)。そんな私ですが、芳山あかりとして走ると意外と颯爽と走ることができました」と笑う。

 原田知世と同じ長崎県出身の仲里依紗は、不思議な女優だ。黙っていると美少女だが、しゃべり出すと親戚の女の子みたいに気取りがなくなる。細田監督の『サマーウォーズ』(09)では子持ちのオバさん役を嬉々として演じていたが、普段の彼女もそんな感じ。その一方、女優モードにスイッチが入ると、別人になりきってしまう。第30回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を受賞した『純喫茶磯辺』(08)での口喧嘩シーンでは、共演の麻生久美子を半泣きさせるほどの迫力を見せた。当の本人は演技中は意識がなく、”プチ記憶喪失”状態らしい。きっちり役づくりしようとするとロボットみたいにぎこちなくなるので、自分が現場で感じたまま、素直に笑ったり泣いたりしているそうだ。本作のクライマックスでは8mm映画を観ながら涙を流すシーンがあるが、「自分の中の誰かが泣いていたような感覚」だったらしい。

 今回の『時かけ』はタイムパラレル的な面白さよりも、89年生まれの女優・仲里依紗を70年代の風俗の中に置いて、彼女がどういうリアクション、表情を見せるのかを楽しむといった趣向がメーンとなっている。コタツに入って袋入りラーメン(サッポロ一番)を鍋から美味しそうにすすり、銭湯でフルーツ牛乳をこぼして目を白黒させるシーンなどは、ほとんど素の表情だろう。大林宣彦版へのオマージュである弓道場でのシーンも、テスト段階でのNGカットの表情があまりに良かったのでOKテイクとして採用されている。10代最後の時間を過ごす仲里依紗が『時かけ』という舞台上で走って食べて泣く姿をカメラが追いかけるドキュメンタリーを観ている気分になる。

 仲里依紗いわく、「映画の中の私を観て、生き生きしてるなぁと思った(笑)」とのこと。『時かけ』というフィクションの世界で、芳山あかりという一種の”アバター”を得て、彼女は現実世界よりも、もっと自由でキラキラと輝いてみせた。これこそ、映画のマジックだろう。

 アニメ版に続いて、実写版で新しい『時かけ』ヒロイン像を築いた仲里依紗だが、三池崇史監督の『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』(5月1日公開)では180度違ったダークサイドの女王さま役に挑んでいる。『ヤッターマン』(09)で深田恭子が演じたドロンジョさまより過激でセクシーらしい。ひとつのイメージに囚われることなく、作品ごとにいろんな役に飛び込んでいく彼女の姿には頼もしさを感じさせるではないか。

 新世紀版『時をかける少女』では仲里依紗扮する芳山あかりの生命力に感応して、長い間止まったままだった時計の針が動き出した。ずっとラベンダーの香りの中に閉じ込められたままだったフィクション上の芳山和子を、彼女はとにかく全力疾走するという過剰なエネルギーを持って解放してみせた。歴代の『時かけ』ヒロインたちとは違った自然体で陽性の魅力を持った仲里依紗は、これから一体どこまで女優道を駆け抜けていくだろうか。
(文=長野辰次)

tokikake03.jpg
『時をかける少女』
原作/筒井康隆 脚本/菅野友恵 主題歌・挿入歌/いきものがかり 監督/谷口正晃 出演/仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代将太、柄本時生、キタキマユ、松下優也、勝村政信、石丸幹二  配給/スタイルジャム 3月13日(土)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー <http://tokikake.jp/>

時をかける少女

サブカル男子の永遠の憧れ

amazon_associate_logo.jpg

●深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】INDEX
[第55回]ビグロー監督はキャメロンより硬派! 人間爆弾の恐怖『ハート・ロッカー』
[第54回] “空気を読む”若者の悲劇『パレード』楽しいルームシェア生活の行き先は?
[第53回]社会の”生け贄”に選ばれた男の逃亡劇 堺雅人主演『ゴールデンスランバー』
[第52回]『男はつらいよ』の別エンディング? ”寅さん”の最期を描く『おとうと』
[第51回]ひとり相撲なら無敵のチャンピオン! 童貞暴走劇『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
[第50回]ヒース・レジャーが最後に見た夢の世界 理想と欲望が渦巻く『Dr.パルナサスの鏡』
[第49回]トニー・ジャーは本気なんジャー! CGなしの狂乱劇再び『マッハ!弐』
[第48回]全米”オシャレ番長”ズーイー、見参! 草食系に捧ぐ『(500日)のサマー』
[第47回]市川崑監督&水谷豊”幻の名作”『幸福』28年の歳月を経て、初のパッケージ化
[第46回]押井守監督、大いなる方向転換か? 黒木メイサ主演『アサルトガールズ』
[第45回]ドラッグ漬けの芸能関係者必見!”神の子”の復活を追う『マラドーナ』
[第44回] 暴走する”システム”が止まらない! マイケル・ムーア監督『キャピタリズム』
[第43回]“人は二度死ぬ”という独自の死生観『ガマの油』役所広司の監督ぶりは?
[第42回]誰もが共感、あるあるコメディー! 2ちゃんねる発『ブラック会社』
[第41回]タラとブラピが組むと、こーなった!! 戦争奇談『イングロリアス・バスターズ』
[第40回]“涅槃の境地”のラストシーンに唖然! 引退を賭けた角川春樹監督『笑う警官』
[第39回]伝説の男・松田優作は今も生きている 20回忌ドキュメント『SOUL RED』
[第38回]海より深い”ドメスティック・ラブ”ポン・ジュノ監督『母なる証明』
[第37回]チャン・ツィイーが放つフェロモン爆撃 悪女注意報発令せり!『ホースメン』
[第36回]『ソウ』の監督が放つ激痛バイオレンス やりすぎベーコン!『狼の死刑宣告』
[第35回]“負け組人生”から抜け出したい!! 藤原竜也主演『カイジ 人生逆転ゲーム』
[第34回]2兆円ペット産業の”開かずの間”に迫る ドキュメンタリー『犬と猫と人間と』
[第33回]“女神降臨”ペ・ドゥナの裸体が神々しい 空っぽな心に響く都市の寓話『空気人形』
[第32回]電気仕掛けのパンティをはくヒロイン R15コメディ『男と女の不都合な真実』
[第31回]萩原健一、松方弘樹の助演陣が過剰すぎ! 小栗旬主演の時代活劇『TAJOMARU』
[第30回]松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇
[第29回]シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』
[第28回]“おねマス”のマッコイ斉藤プレゼンツ 不謹慎さが爆笑を呼ぶ『上島ジェーン』
[第27回]究極料理を超えた”極地料理”に舌鼓! 納涼&グルメ映画『南極料理人』
[第26回]ハチは”失われた少年時代”のアイコン  ハリウッド版『HACHI』に涙腺崩壊!
[第25回]白熱! 女同士のゴツゴツエゴバトル 金子修介監督の歌曲劇『プライド』
[第24回]悪意と善意が反転する”仮想空間”細田守監督『サマーウォーズ』
[第23回]沖縄に”精霊が暮らす楽園”があった! 中江裕司監督『真夏の夜の夢』
[第22回]“最強のライブバンド”の底力発揮! ストーンズ『シャイン・ア・ライト』
[第21回]身長15mの”巨大娘”に抱かれたい! 3Dアニメ『モンスターvsエイリアン』
[第20回]ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』
[第19回]ケイト姐さんが”DTハンター”に! オスカー受賞の官能作『愛を読むひと』
[第18回]1万枚の段ボールで建てた”夢の砦”男のロマンここにあり『築城せよ!』
[第17回]地獄から甦った男のセミドキュメント ミッキー・ローク『レスラー』
[第16回]人生がちょっぴり楽しくなる特効薬 三木聡”脱力”劇場『インスタント沼』
[第15回]“裁判員制度”が始まる今こそ注目 死刑執行を克明に再現した『休暇』
[第14回]生傷美少女の危険な足技に痺れたい! タイ発『チョコレート・ファイター』
[第13回]風俗嬢を狙う快楽殺人鬼の恐怖! 極限の韓流映画『チェイサー』
[第12回]お姫様のハートを盗んだ男の悲哀 紀里谷監督の歴史奇談『GOEMON』
[第11回]美人女優は”下ネタ”でこそ輝く! ファレリー兄弟『ライラにお手あげ』
[第10回]ジャッキー・チェンの”暗黒面”? 中国で上映禁止『新宿インシデント』
[第9回]胸の谷間に”桃源郷”を見た! 綾瀬はるか『おっぱいバレー』
[第8回]“都市伝説”は映画と結びつく 白石晃士監督『オカルト』『テケテケ』
[第7回]少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』
[第6回]派遣の”叫び”がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』
[第5回]三池崇史監督『ヤッターマン』で深田恭子が”倒錯美”の世界へ
[第4回]フランス、中国、日本……世界各国のタブーを暴いた劇映画続々
[第3回]水野晴郎の遺作『ギララの逆襲』岡山弁で語った最後の台詞は……
[第2回]『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
[第1回]堤幸彦版『20世紀少年』に漂うフェイクならではの哀愁と美学

最終更新:2012/04/08 23:02

仲里依紗がアニメから実写へと跳躍! 母娘2代の時空旅行『時をかける少女』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

青木真也が独自論を激白!

 今年1月、シンガポールで行われた「ONE: UNBREAKABLE」で、元ONEウ...
写真