日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『HERO』全11話放送に決定

20%台に戻した木村拓哉『HERO』は全11話放送に決定、低調『あすなろ三三七拍子』2話カットへ

kimuratakuya0730.jpg

「つい先日、『HERO』が全11話に決まりました。逆に『あすなろ三三七拍子』は、すでに2話ほどカットの方向で進んでいるようです」(フジテレビ関係者)


 猛暑とは裏腹に、夏ドラマの視聴率が底冷えしている。22日に放送された火曜夜9時枠の『あすなろ三三七拍子』第2話が5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、火曜10時枠の『GTO』第3話が6.2%を記録したフジテレビをはじめ、他局も5~6%台が珍しくない“総崩れ状態”となっている。

「夏休みで視聴者が茶の間に定着しない7月期は、もともとドラマにとって苦しいクールといわれていました。ただ、昨年の同時期にTBS系『半沢直樹』が大ヒットしましたから、それを言い訳にできないんですが……」(ドラマスタッフ)

 そんな中、唯一元気なのは、初回26.5%という視聴率を記録したキムタク主演の『HERO』だ。

「第2話で一気に7.5%下げて19.0%でしたが、第3話で再び20%の大台に乗せてきた。ここまでは、おおむね想定内の動きだそうです。第4話に、前作のメインキャストだった大塚寧々さんが出演するなど、要所要所でテコ入れするようです。今後制作される映画版に出演する松たか子さんは別として、阿部寛さんだけはかたくなに出演を拒んだそうですが……。まあ、阿部さんは、今はほとんど主演しかこなしてないですから、今さらチョイ役で出たくはなかったんでしょう。その判断がどう出るか、楽しみですね」(芸能事務所関係者)

 前回は全話30%越えだったが、果たして今回の結果はいかに――。

最終更新:2014/07/30 10:00

20%台に戻した木村拓哉『HERO』は全11話放送に決定、低調『あすなろ三三七拍子』2話カットへのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

「つい先日、『HERO』が全11話に決まりました。逆に『あすなろ三三七拍子』は、すでに2...
写真