日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 月9、桐谷健太の惨めっぷりが加速

桐谷健太の惨めっぷりが加速するフジ月9『カインとアベル』 山田涼介の存在感が、もう……

abel1018フジテレビ系『カインとアベル』番組サイトより

 どんどん惨めになっていく桐谷健太を愛でるためのドラマになってきたフジテレビ月9『カインとアベル』は第5話。視聴率は7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、前回より0.6ポイントアップ! とはいえ、月9史上最低ペースはキープしております。

 日本有数のデベロッパー「高田総合地所」を経営するのは、主人公・優くん(山田涼介)のお父さん・貴行(高嶋政伸)、桐谷演じる優くんの兄貴・隆一は副社長です。

 前回、副社長であり海外事業のプロジェクト責任者でもある隆一は、急に必要になった100億円の融資を受ける目処が立てられず、葉山の別荘に遁走。その間、優くんが怪しい投資家・クロサワ(竹中直人)から融資を取り付けると、「俺を助けたつもりか!」と激高し、優くんのアイドルフェイスを殴りつけたりしました。実に惨めです。

 そんな隆一の悲しみを知ってか知らずか、今回、父・貴行は新たなプロジェクトのリーダーに優くんを指名します。アメリカの「ドレイモンドホテルズ」と一緒に行う日本国内でのリゾート開発の仕事で、会社のこの先10年を左右するビッグプロジェクトだそうです。

 社長が優くんを指名した理由は、言うまでもなく100億円の融資を取り付けたこと。しかし、このことは高田家の人間以外は知りませんし、表向きは隆一がこの融資を確保したことになっています。つまり、役員会の方々にとって優くんのリーダー就任は「ヒラだけど社長の息子だから」でしかないわけですが、社長の発表にみなさん拍手喝采。「大抜擢ですなー」「楽しみですなー」と、ものすごいイエスマンぶりを発揮します。

 おそらく、視聴者全員が「この会社、大丈夫なのかよ!」とツッコんだかと思われます。社員1,000人いるそうですけど……。

 画面の中にも、ひとりだけ「大丈夫なのかよ!」とツッコんだ人間がいました。そう、隆一です。隆一は、会議から颯爽と出ていく社長を追いかけ、「社長の判断が間違いとは思いませんが、失敗が許されない」「もし優を試してみたいということでしたら、私が面倒を見ます」と、すごく常識的な進言をしますが、社長は「このプロジェクトは優に任せる!」と一刀両断。声がでかい! 隆一はしょんぼりするしかありません。

 一方、優くんはウキウキです。茶髪も真っ黒に染め直し、リーダー特権でお気に入りの美人先輩で兄貴の彼女でもある梓(倉科カナ)をチームに引き入れ、リゾート雑誌をたくさん買い込み、夜な夜なGoogleで「リゾート」と画像検索したようなパソコンの画面に見入ったりしています。

12

桐谷健太の惨めっぷりが加速するフジ月9『カインとアベル』 山田涼介の存在感が、もう……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

「素の志村けん」とものまねの現在地

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真