「ピラミッドで性行為」だけじゃない! エジプトでサルに“手コキ”した女性、禁錮3年の刑に

2019/01/08 21:00

サルがつながれたカゴの前ではしゃぐバスマ・アーメドさん

 ダカリーヤに住むバスマ・アーメドさんは昨年10月、ペットショップでカゴにつながれたサルを見つけた。最初は体をなでてかわいがっていたのだが、そのうちサルの股間に手を伸ばし、大笑いしながら手コキのような動作を始めたという。

 彼女の友人が撮影した動画を見てみると、肝心の部分が黒くボカされているが、猿の股間を指でなでているのであろうことはうっすらとわかる。

 アーメドさんとしては、ほんのおふざけのつもりだったのだろう。だが、この動画がネットで公開されると、たちまち話題に。性に対して保守的なエジプトでは大きな問題になってしまったのだ。

 結果、アーメドさんは警察に逮捕され、裁判を受けることに。彼女はサルの股間に触れたことは認めたものの、「みだらな行為をするつもりではなかった」と弁明。しかし、それが認められることなく、禁錮3年という重い刑が科せられた。

 エジプトでは昨年12月初めに、デンマーク人カップルがピラミッドの上に無許可で登り、性行為の様子を映したとされる動画がYouTubeに投稿され、大問題になっている。

 アクセス数を稼ぐために目立つことならなんでもするユーチューバーが急増しているが、そこまでいかなくても、海外旅行に行った際についはしゃぎすぎて、現地の人たちからヒンシュクを買うような行為をしてしまうケースは多々ある。

 特にイスラム圏では、さまざまな面で保守的な部分があるだけに、「旅の恥はかき捨て」とばかりにふざけすぎないようにしたいものである。

最終更新:2019/01/08 21:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む