日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 川栄李奈、二股疑惑で追い風?

川栄李奈、結婚相手の“二股疑惑”でまさかの追い風!? 芸能界の力学が女優人生にも影響か

川栄李奈

 今年5月に俳優・廣瀬智紀との結婚、妊娠を発表するも、その後に廣瀬の二股疑惑を「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた元AKB48で女優の川栄李奈。

 その動揺ぶりは、「本当のことは本人にしかわかりませんからね。事実でも事実じゃなくても 人に恨まれる事をしたんでしょうね。 過去はバカ人間ですね! 今後頑張りましょうか」「でもね、私はどんなに嫌な思いをしても どんなにムカついても 世間に公表するのは絶対に違うと思う。それでスッキリしなくない? 幸せになる人っていなくない?」など、同誌の報道直後に連投でつぶやいたツイッターの文面(※後に削除)にもにじまれる。 

 実際、AKB48卒業後は数多くのドラマや映画、CMに出演し、“AKB48グループOGの一番の勝ち組”と言われていただけに、男運の悪さという一言だけでは片づけられない忸怩たる思いもあるだろう。映画配給会社のスタッフはこう明かす。

「川栄さんは、業界内でもその演技力が高く評価されていましたからね。アイドル時代は“おバカキャラ”でブレークしましたが、今ではシリアスな役も見事にこなすし、そもそもおバカキャラ自体が演技だったのではないかと言われるほど。所属事務所としても、モデル出身飯豊まりえとともに、2枚看板としてさらに売り出そうとしていた矢先のことでした。川栄さんにとっても、結婚は大きな決断だったと思います」

 そうした中、今回の川栄の結婚を受けて、所属事務所が受けるダメージを推測する記事も一部で散見されるが、実際のところは少し事情が違うようだ。所属事務所の関係者は声を潜めてこう明かす。

「確かに、川栄の結婚の衝撃度は大きかった。廣瀬クンと交際しているのは把握していましたが、さすがにこのタイミングでの結婚は想定外でした。ただ、『文春』の報道が出たことで、世間的に『可哀そう』といった同情的な意見も出ていますし、こうした声は今後の芸能活動において追い風にもなる。それに、廣瀬クンの事務所に大きな“貸し”ができましたしね」

 廣瀬の所属事務所といえば、北川景子や岡田将生ら、ドラマや映画で主演を張る数多くの人気俳優&女優を抱える、業界屈指の大手事務所だ。

「芸能界は、複雑に“貸し借り”などの力学が絡み合う世界ですからね。今回の川栄さんと廣瀬さんの結婚を機に、これまで距離を置いていた双方の事務所の関係にも注目したいですね」(芸能リポーター)

 この結婚が今後、2人のキャリアにどのような影響を及ぼすのか気になるところである。

最終更新:2019/06/13 17:57
こんな記事も読まれています

川栄李奈、結婚相手の“二股疑惑”でまさかの追い風!? 芸能界の力学が女優人生にも影響かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真