平愛梨、挙式から2年を迎えた思いを語るも…なぜか非難轟々「結婚からではなく、式から?」

2019/06/27 17:55

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 

平愛梨公式インスタグラムより

 平愛梨が自身のインスタグラムを更新して話題になっている。平は先日、夫でサッカー日本代表選手の長友佑都の幼少期の写真や、長友と息子が抱き合っている写真などを公開。「いつも家族を想って一生懸命働いてくれる姿に大きな感謝を込めて」とつづったが、ネット上からは「こういうのは家族だけでやって……」「子どもをSNSで晒すのはどうなの?本当の意味で家族を守ったほうがいい」などの厳しい声が集まったばかり。

 そんな平が24日、「時は早いもので入籍してから3年目突入。結婚式から丸2年。早い!! こうして結婚式の写真やビデオ見ると披露宴に来て下さった皆様のお顔が浮かびあの時と全く変わらない自分の気持ちを再確認できます」と投稿。ハッシュタグには「#この2年#好き度#変わってない#すごいぞ#長友佑都#魅了されまくり」と、長友への思いもつづった。

 平のこうした”おのろけ”いっぱいの投稿に対し、インスタグラム上のコメント欄には「幸せなことがインスタからでも伝わってきます!」「お互いが思いやりを持っているからなんでしょうね。これからにお幸せに!」「アモーレが今も止まらないんですね」といった称賛の声が寄せられていた。

 しかし、その一方でネット上には、「結婚からではなくて? 式から丸2年の報告いらないでしょ」「好き度が変わっていない? 私たちはどんどん嫌いになっていますが」「ずっと愛があることは良いけど、わざわざSNSで言うから嫌われるんだよね」といった厳しい声も噴出していた。

 これまで夫婦の出来事があるたびに長友への気持ちを語ってきた平だが、そうした投稿に「胃もたれがする」という声が日に日に増えてきている。とはいえ、2人の仲の良さは本物で、平もへっちゃらか。

最終更新:2019/06/27 17:55

人気記事ランキング

続きを読む