日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 米津玄師、顔面公開に前向き?

米津玄師、本人は”顔面公開”に前向きもレコード会社が「顔面イジリNG」の方針継続か

米津玄師オフィシャルサイトより

 TBS系ドラマ『ノーサイド・ゲーム』に主題歌「馬と鹿」を提供した米津玄師。一時期は“顔出しNG”ともいわれていたが、最近は徐々に変わりつつあるようだ。

「以前、米津が記者会見に出てきたときは、米津の顔を捉えた写真は基本的に使用NG、使っていいのは主催者側が指定した写真のみ……なんていう要請が出たこともありました。これまでアーティスト写真なんかも髪の毛で顔を隠した姿だったし、紅白に出たときも顔がほとんど隠れていた。でも、最近はSNSなんかで顔を出すようになっています」(週刊誌記者)

 さらに、『馬と鹿』発表に合わせて公開された新アーティスト写真では、これまでよりも前髪が短くカットされており、二重クッキリな目も確認できる。

 「整形したとかそういうことではないと思うのですが、メディア露出が増えてきたこともあり、本人としてもありのままでいっても大丈夫だという自信が湧いたんでしょう。というか、そもそもブサイクというわけでもないですしね(笑)」(音楽業界関係者)

 しかし、米津本人は顔出しOKでも、レコード会社の方は少々センシティブになっている部分もあるという。

「これまで過剰に顔を隠して、ミステリアスさを強調して売っていたせいもあってか、週刊誌やネットなどではやはりその容姿をイジられてしまうことが多い。レコード会社はそういった動きを常に監視していて、米津のイメージを損なうような記事に対して、ダイレクトに問い合わせることもあるようです。所属アーティストを守るためだから、どこのレコード会社もやっていることではあるんですが、本人がそれほど気にしていないのであれば、逆効果のような感じもしますよね……」(同)

 多少は顔が見えるようになったとはいえ、“全開”には程遠いのも事実。今後、米津玄師の顔が完全公開されることはあるのだろうか?

 「現時点で、米津玄師のミステリアスな雰囲気がウケているという事実がある。公開したところで微妙な空気が流れる事態になればデメリットしかないですし、レコード会社がリスクを負ってわざわざそこを変えようとは思わないのでは」(同)

 本人はどうであれ、当分は“顔面イジリNG”が続きそうだ。

 

 

最終更新:2019/08/15 13:52
こんな記事も読まれています

米津玄師、本人は”顔面公開”に前向きもレコード会社が「顔面イジリNG」の方針継続かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真