日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 韓国社会を揺るがす性転換軍曹

性転換=心身障害!? 韓国社会を揺るがす“性転換軍曹”の強制除隊問題

文=金沢健太(かなざわ・けんた)

韓国軍はLGBT問題に関する議論を避け続けている?

 そもそも韓国軍には「性転換したら除隊」という規則はない。しかし、「心身障害となった兵士は除隊させる」という規則があった。韓国陸軍はピョン軍曹に、「性転換手術を受ければ心身障害と認定されて軍で勤務できなくなる」と事前通告していたという。

 だが、ピョン軍曹は“女性”として生きていく道を選び、その上で軍に残りたいと希望した。結果、帰国したピョン軍曹は軍の病院で検査を受けさせられた挙句、「男性が陰茎と左右の睾丸を失った」という理由で「心身障害3級」と判定されてしまった。

 以上が、韓国陸軍によるリリースの背景だ。

 軍の除隊決定を受けたピョン軍曹は22日、NGO「軍人権センター」で緊急記者会見を行った。同NGOは2009年に軍内部での人権侵害を追及する目的で設立された組織で、韓国軍からは「軍の統率を混乱させる」として蛇蝎のごとく扱われている。

 ピョン軍曹はそこで、「子どもの頃から軍人になるのが夢だった。女性兵士として軍に残りたい。軍に戻るその日まで闘う」と語っている。そして、「この場を借りて、応援してくれた所属部隊長と軍団長、戦友に感謝する」を変わらぬ軍への愛情を示した。

 これに対して韓国軍は、「この事案が長引けば国防力に影響が及ぶ可能性がある。今回の件を機に、政策決定を急に下すのは不適切だ。十分な社会的議論が必要」とコメントし、LGBT問題に関する議論を避け続けている。

 保守と革新で社会が分断した韓国で、軍隊とLGBTというタブー視されてきた問題が新たな波紋を広げている。国防と人権という共に重要な価値観の対立は、分断が固定化している韓国社会にどのような影響を与えるのだろうか

金沢健太(かなざわ・けんた)

金沢健太(かなざわ・けんた)

明治大学卒業。"日本一厳しい学校"で日本の昭和体質に長年の疑問を感じており、令和に入り一念発起。ライターとして独立し、古い日本体質、権力に対して疑問を投げ掛けた記事を手掛ける。

最終更新:2020/01/29 13:25
12

性転換=心身障害!? 韓国社会を揺るがす“性転換軍曹”の強制除隊問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真