日刊サイゾー トップ > 芸能  > 嵐の活休延期?石橋貴明は死なず

新型コロナで嵐の活休延期!? 石橋貴明は不死鳥……週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

新型コロナの影響で芸能人に明暗

記者I 新型コロナウイルスの影響で、エンタメ業界はライブなどの自粛を余儀なくされ、大打撃を受けていますね。2月29日と3月1日、東京国際フォーラムでのライブを強行した東京事変も、6~21日に行われるライブは中止を発表しました。

デスクH 東京公演は賛否両論を巻き起こしたけど(参照記事)、批判の声が予想より大きかったということもあるのかな。

記者 対してエイベックスは、所属アーティストライブ映像を期間限定で無料公開して好感度を上げたといえそうです。ほかにも石田ゆり子さんが「国民をパニックにしないで」とSNSでマスメディアに訴えたり……。

デスク 八嶋智人が「劇場は開けとかないといけないと」「演劇を観る事で免疫力は上がる」とTwitterに投稿して即削除したり……(参照記事)。

記者 アグネス・チャンが香港の姉にマスクを横流ししていたのではと疑われたり……(参照記事)、枚挙にいとまがないですが、コロナ感染拡大への対応ひとつでイメージが左右される事態になっていて芸能人も大変ですね。

デスク ただ、報道番組の視聴率は右肩上がりで、平日夕方に放送される『news every.』(日本テレビ系)が16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をたたき出したとか。

記者 今期視聴率トップのドラマ『テセウスの船』(TBS系)の平均視聴率が11.8%(7話まで)だから、すごい数字ですよね。『news every.』は「新型コロナと木原さんの天気予報の繰り返し」とまで言われているみたいですが(参照記事)。

デスク 自宅にこもる人が増えれば、それだけTV視聴率が上がる可能性が高くなるわけで、業界関係者はひそかにほくそ笑んでそう。

記者 今はネットも動画配信サービスもありますから、どうですかね。このまま感染拡大が続けば、CM収入が激減するTV業界にとって“最悪のシナリオ”が待っていると見る向きもあります(参照記事)。

デスク そんな中、「外出できないファンのために」と急きょインスタライブ配信を実施した嵐は、やっぱりそつなく好感度を上げてた。新型コロナの蔓延が続く場合、ジャニーズ内部で活動休止の延期の可能性について協議に入ったというウワサも(参照記事)。

記者 本当に延期されたら、メンバーやファンは複雑かもしれませんが……。

123

新型コロナで嵐の活休延期!? 石橋貴明は不死鳥……週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

最新作も配信作も!話題の映画特集

最新の映画から、ちょっとマニアックな作品、配信系作品まで
写真
人気連載

高岡早紀が連続殺人鬼を怪演!!

「雨宮リカ、28歳です」  高岡早紀が笑顔で...…
写真
インタビュー

井筒和幸×松本利夫(EXILE)『無頼』対談

閉塞的な社会にパッチギ(頭突き)をかまそうとする若者たちを主人公にした『パッチギ!』...
写真