日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > バービー、香港映画界が熱視線

ドッキリじゃなかった!? バービー、「太った人魚」好演で香港映画界が熱視線

文=日刊サイゾー

フォーリンラブ(ハジメ、バービー)

 世界に羽ばたく時が来た?

 5月30日、お笑いコンビ・フォーリンラブのバービーが、自身のSNSで香港で映画デビューを果たしたことを報告した。

「バービーが出演したのは『Enter The Fat Dragon 肥龍過江』というタイトルの映画で、監督は『るろうに剣心』シリーズでアクション監督を務めた谷垣健治氏。主演は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にも出演したドニー・イェンで、日本人では竹中直人も出演するなど、なかなか豪華な顔ぶれです。バービーが演じたのは、“太った人魚”の役だといいます」(芸能ライター)

 映画は香港で今年1月に公開されていたが、バービーに映画出演の自覚はまったくなかったという。

「撮影は2年前だったそうですが、バービーはずっとバラエティ番組の『ドッキリ』企画だと思い込んでいた。一向にオンエアされなかったことで、お蔵入りになったのかとマネージャーに尋ねたところ、ガチの撮影だったことがわかり、本人はかなり驚いたようですね」(前出・芸能ライター)

 しかし、この思い込みが奏功した。映画ライターが言う。

「変に緊張せず、オーバーリアクション気味に伸び伸びできたことで、彼女の演技が香港の映画界で注目を浴びているんです。バービーは日本人男性にはモテないため、外国人に狙いを定めて英語を猛勉強。今ではペラペラですから、海外のスタッフとしても使い勝手がいい。ただ、残念なことに現在、香港は連日、デモで市民と警官が激しくぶつかり合うなど、映画の撮影どころじゃない状況。バービーにとっては不運ですね」

 ぽっちゃり女性タレントでは、CM女王に輝いた渡辺直美がグローバルに活躍中。香港でブレイクの流れに乗れれば、バービーもそれに続くかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/01 18:00

ドッキリじゃなかった!? バービー、「太った人魚」好演で香港映画界が熱視線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真