日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 動機なき連続殺人鬼の記録映画
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.591

海外で上映禁止となった実録サイコパスムービー、動機なき連続殺人鬼の記録『アングスト/不安』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

オーストリアで実際に起きた殺人事件を題材にした『アングスト/不安』。東京、大阪のメイン館はそれぞれ満席スタートの初日となった。

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」が、37年の歳月を経て日本でその封印が解かれた。その映画のタイトルは、『アングスト/不安』(原題:『ANGST』)。1980年にオーストリアで実際に起きた一家惨殺事件を題材にした実録犯罪映画だ。1983年に『Uボート』(81)などで知られる俳優アーウィン・レダー主演作としてオーストリアで公開されるも、ショッキングな内容から1週間で打ち切りに。欧州全土でも上映禁止、イギリスとドイツではビデオも販売禁止となっていた。

 日本ではビデオバブル期だった1988年に『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』という邦題でVHSビデオがリリースされたが、わずか300本しか出荷されなかったため、ほとんど知られずに埋もれていた。そんなほぼ封印状態にあった作品が、コロナ禍に喘ぐ日本の映画館で初上映され、東京と大阪のメイン館が初日満席スタートという好調ぶりを見せている。

 ジェラルド・カーグル監督が自主制作した『アングスト/不安』の主人公となるK.(アーウィン・レダー)のモデルとなったのは、オーストリアを震撼させた連続殺人鬼のヴェルナー・クニーセク。実在した殺人鬼の主観映像と独白によって物語は進む。主人公の不安げな目線、殺意を抱く主人公の背後にぴたりと寄り添ったカメラワークが不気味だ。

 目に留まった民家をノックし、ドアを開けた老婦人に向かって、いきなり「撃ちますよ」と声を掛けてから射殺する。殺人の動機がまったくない、異常なオープニングとなっている。

 逮捕されたK.は精神障害を訴えるも、「動機なき殺人はありえない」と却下され、禁固刑が命じられる。刑務所内での態度が良好だったことから、最初の殺人事件から10年後の出所が決まる。だが、自由を与えられたK.は再び殺人衝動が抑えられなくなり、出所してすぐに一家惨殺事件を起こすことに。司法関係者のサイコパスに対する理解が乏しく、殺人に快感を覚える危険人物を野に放ったために起きた悲劇だった。

123

海外で上映禁止となった実録サイコパスムービー、動機なき連続殺人鬼の記録『アングスト/不安』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真