日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 浜田雅功、心配される劣化ぶり

お笑いのキレがなくなった!? 浜田雅功、相次ぐ体調不良で心配される“劣化”ぶり

文=日刊サイゾー

ダウンタウン・浜田雅功

 人気バラエティー番組『ガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の収録がストップしたーー。

 レギュラー出演するココリコの遠藤章造が新型コロナウイルス感染症に罹患した影響のためだが、気になるのは共演者のダウンタウン・浜田雅功の急激な“劣化”ぶりだろう。

 今回は8月15日に遠藤の罹患が確認されたことにより「総合的な判断」として収録が中止された。また、PCR検査の結果では「陰性」とはなっているものの、浜田も17日に発熱したことを妻でタレントの小川菜摘が明かしている。

 今のところ抗生剤を服用し回復に努めているという。少し振り返ると、コロナ禍で長期間、レギュラー番組の収録が止まってしまった中で、先に動き出したのは浜田の相方・松本人志だった。

「情報番組扱いの『ワイドナショー』(フジテレビ系)にレギュラー出演しており、それが一番早かった。一方の浜田はそういった即時性が求められる番組には出演していないので、ピンでのレギュラー番組の収録復帰がかなり遅く、大阪で放送されている『ごぶごぶ』(MBSテレビ)も5か月ぶりに現地での収録が再開されたばかりです」(テレビ局関係者)

 すでにネット上では浜田が年老いたような点を指摘する書き込みなどが散見されるが、お笑い関係者は別の視点からも心配している。

「一番はお笑いに対するスピード感やキレがなくなったこと。その一因はリモート出演が増えたり、出演者の数が減ったりしていることも大きく影響しているでしょうね。明石家さんまも同じ理由で相当苦労しているが、まだ自らの喋りでカバーしている。元来、ツッコミという立場の浜田は単独出演だと、そこまで輝けるタイプではないので、今は自身の良さが発揮されにくい現場ばかりになっている」と話す。

 コロナ禍はお笑い界の帝王にも容赦なく忍び寄っているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/21 10:00

お笑いのキレがなくなった!? 浜田雅功、相次ぐ体調不良で心配される“劣化”ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

ハライチ・岩井、スピッツを熱弁

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

最近お笑いの賞レースで、ロングコートダディの名前を見る機会が増えた。「脱力系」「とらえど...
写真