日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 加藤浩次、禁煙宣言から1年半後

加藤浩次、「喫煙したら殴ってもいい」禁煙宣言から1年半後…予想外の結果に

文=日刊サイゾー

加藤浩次(吉本興業公式サイトより)

 近年は世界的な禁煙ブームの影響もあり、日本の芸能界でもダウンタウンの松本人志や和田アキ子、有吉弘行をはじめ禁煙に成功した芸能人は多い。そんな中、昨年1月に高らかに禁煙宣言をしたのがお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次だ。

 加藤は、相方の山本圭壱が自身のYouTubeチャンネルでものまねする際にタバコを吸う素振りをするなど、芸能界でも屈指のヘビースモーカーとして知られている。

 これまで舘ひろしに勧められた方法を試すなど過去に何度も禁煙にチャレンジしてきたもののことごとく失敗に終わってきた。

 それが昨年1月に自身がMCを務める日本テレビ系情報番組『スッキリ』で、同年4月に50歳の誕生日を迎えることに触れて、誕生日の翌日から禁煙することを宣言。「自分がタバコを吸っている姿を目撃したら殴ってもいい」とまで公言して話題を集めた。

 大手芸能事務所のマネジャーは語る。

「加藤さんは番組の収録が終わると足早に喫煙所に直行し、美味そうにタバコをくゆらせながら共演者やスタッフと談笑するのが恒例行事になっています。喫煙所で話が弾み過ぎて、番組の反省会では無言で通すこともあるくらいですからね。『あの人が本当に禁煙できるのか?』と業界内でも話題になりました」

 さて、加藤が禁煙をスタートした50歳の誕生日から間もなく1年半が経とうとしているものの、とんと禁煙の話題は聞こえてこないが……いったいどうなっているのか? 別の芸能事務所のマネジャーはこう明かす。

「加藤さんは結局、現場では何事もなかったかのように今も相変わらずタバコを吸っているそうですよ。周囲も殴るのはおろか、案の定予想通りということでもはや気にも留めていないようです(笑)」

 もはや禁煙失敗が恒例行事となっている加藤だが、今回もスッキリとタバコとおさらばすることはできなかったようである。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/19 21:00

加藤浩次、「喫煙したら殴ってもいい」禁煙宣言から1年半後…予想外の結果にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Aマッソ加納「新しいお笑いをやりたくてこの番組やってんのよ」…裏切りのオチ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真