日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > コロナ禍のドラマ業界、打ち上げ問題

コロナ禍のドラマ業界に悲喜交々! 打ち上げ&差し入れ廃止でキャスト陣の出費は激減、芸能事務所は不幸中の幸い

文=日刊サイゾー

コロナ禍のドラマ業界に悲喜交々! 打ち上げ&差し入れ廃止でキャスト陣の出費は激減、芸能事務所は不幸中の幸いの画像1

 世の中の生活様式を変貌させた新型コロナウイルス。テレビドラマの世界も、大きく変わっている。

「撮影現場でソーシャルディスタンスを保ったり、スタッフがマスクやフェイスシールドを着用したりなど、感染防止を徹底しています。それと同時に、出演者からの“差し入れ”もなくなっているようです。以前であれば、主演俳優が現場に有名レストランのシェフを呼んで、美味しい料理を差し入れするなんてこともあったんですが、今はテレビ局のほうから控えるようお願いしているんです」(ドラマ関係者)

 さらに、クランクアップ後の大規模な打ち上げも行われなくなっているという。

「打ち上げをすれば“密”は避けられませんからね。小規模の打ち上げはあっても、キャストとスタッフが全員集まるような大規模な打ち上げはなくなりました」(同)

 この打ち上げ廃止に喜んでいるのは芸能事務所のほうだという。

「ドラマの打ち上げの費用は、主要キャスト陣が負担することも多かったんです。それこそ、打ち上げでの“ビンゴ大会”の景品などは、ほとんどがキャスト陣からの提供。そういった出費がなくなったということで、事務所はかなり助かっています」(芸能事務所関係者)

 中には、差し入れや打ち上げの費用で、ギャラの大半を使ってしまう俳優もいたという。

「現場への差し入れだけならまだしも、スタッフそれぞれにプレゼントをする俳優もいるし、関係者全員にスタッフジャンパーを配る俳優もいます。ドラマのギャラのほとんどを現場に還元するということも珍しくありません」(同)

 現場にギャラを還元するのは、どういう意図があるのか。

「芸能事務所としては、テレビドラマで利益を上げようとはあまり思ってない。たくさんのドラマに出て、そこで名前を売って、CMなどでがっぽり儲けようという考え方です。だから、その後の仕事につなげるという意味でも、現場ではとにかくスタッフからの好感度を高めるために、たくさんのお金を使うんです。

 それがコロナ後は、現場でお金を使うことができなくなり、事務所的には経費削減となっている。案外不幸中の“幸い”かもしれません」(同)

 一方、テレビ局は、感染対策のための費用を余計に負担することになっている。

「マスクやフェイスシールドを用意しなくてはならないし、撮影場所が変更になることもあれば、現場での密を避けるために、俳優のための待機場所を複数用意しなくてはならないこともある。制作サイドの出費も作業も増えていて、なかなか厳しい状況であるのも事実。この状態がこのまま続けば、今度は俳優のギャラを削らなくてはならなくなるかもしれません……」(前出・ドラマ関係者)

 コロナが各界に及ぼす影響ははかりしてないが、テレビドラマ業界も俳優へのギャラ含め、常識が変化していきそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/23 16:02

コロナ禍のドラマ業界に悲喜交々! 打ち上げ&差し入れ廃止でキャスト陣の出費は激減、芸能事務所は不幸中の幸いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』レビュー

 超常現象の研究家として知られた米国人夫婦ロ...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真