日刊サイゾー トップ > 海外 > 政治  > 女性の権利を訴え続けたギンズバーグの死去

米最高裁判事ギンズバーグが死去 女性の権利を訴え続け…トランプ政権ますます保守派偏重に懸念も

文=本田路晴

逃したかもしれない引退のタイミング 生き続けることがトランプ大統領への抵抗

 たらればの話をしても始まらないが、もし2016年の米大統領選でヒラリー・クリントン氏が勝利していれば、RBGことギンズバーグ最高裁判事は転移性膵臓がんという自らの健康状態を鑑み、早めの引退を大統領に申し出て、後任選びの道を開いていたかもしれない。保守派ながら、先に初の女性として最高裁入りしたオコナー判事は共和党のジョージ・W・ブッシュ大統領(子)政権時代の2006年1月に引退している。

 とはいえ、2014年の中間選挙で、共和党が上院の過半数を奪還して以降の状況は変わっていない。ギンズバーグ氏の後任にリベラル派の判事が指名されても上院で確実に承認される保証はなかった。結局、ギンズバーグ氏が心置きなく引退を決意できる環境は民主党大統領下で民主党が上院の過半数を握っている時のみだった。病魔と闘いながら、一日でも長く生き延び、トランプ大統領に新たな保守派の判事を指名させないことが、彼女が「詐欺師」とこき下ろしたトランプ氏に対して、できる精一杯の抵抗だったのかもしれない。

最終更新:2020/09/28 15:57
1234

女性の権利を訴え続けた米最高裁判事ギンズバーグが死去 トランプ政権ますますの保守派偏重化に懸念のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

『SUITS/スーツ』低視聴率ながら第3弾実現へ!?

 今年4月から放送されてきた俳優・織田裕二主...…
写真
インタビュー

押井守“原案”の映画『ビューティフルドリーマー』 公開!

 押井守監督らが参加する映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第1...
写真