日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 有吉弘行の予言内容に喝采

『キングオブコント2020』も優勝者を的中! 有吉弘行の“予言”が占い師を超えるレベルと喝采

有吉弘行(太田プロ公式プロフィールより)

 凄かったのはあの人?

 9月26日、“コント芸日本一”を決める『キングオブコント2020』(TBS系)決勝戦が行われ、ジャルジャルが13代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1,000万円を獲得した。

 大会1年目から13年連続で準決勝以上という戦績を残していたジャルジャルは、4度目となる決勝の舞台で悲願達成となった。

 しかし、ネット上では「最終3組の決勝戦、正直微妙すぎて審査員みんな困っているように見えた」「今年は全体的にレベル低かったな~」「なんか忖度感あった」と、ネガティブな声も目立っていた。一方、ジャルジャル以上に絶賛の嵐となっているのが有吉弘行だ。

「有吉は9月13日のラジオ番組での優勝予想で『私はもう、ジャルジャルでいいんじゃないか』と指名。M-1ではミルクボーイ、R-1ではマヂカルラブリー・野田クリスタルの優勝を連続で言い当てており、これで3連続的中となりました」(芸能ライター)

 有吉が占い師を「一番楽な仕事」「本当に全員クズ」と言って毛嫌いしていることは有名だが、ネット上では「予言屋・有吉」「占い師より当たる」と、その眼力にあらためて拍手が送られている。

 自身と同ジャンルである芸人の賞レースだから当て安かったと見る向きもあるが、有吉の予言は幅広く的中しているという。放送作家が言う。

「昨年は、『24時間テレビ』(日本テレビ系)の『チャリティ・マラソン』がリレー形式となるとの予言が的中。さらに、2017年には『クイズ正解は一年後』(TBS系)の『今年離婚する芸能人は?』の問題に『フジモンと木下優樹菜容疑者』と回答。『何かやらかして離婚!』と念押ししており、正解が1年ズレたとはいえ、タピオカ騒動が引き金となって離婚したことは、ほぼドンピシャでした」

 “島田秀平やゲッターズ飯田を越えた”と豪語していた有吉。テレビ各局の制作スタッフは、「占い師・有吉」の番組を企画してはどうか?

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/09/29 06:40
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真