日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > フィンランド発、純愛系SM映画『ブレスレス』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.612

フィンランド発、純愛系SM映画『ブレスレス』 亡き妻の面影を女王さまに求めるダメ男の危うさ

文=長野辰次(ながの・たつじ)

 

調教や拘束プレイによって、生きる喜びを見い出す男女の姿を描いたフィンランド映画『ブレスレス』。

 北欧から、オシャレなSM映画がやってきた。2019年のカンヌ国際映画祭監督週間にも出品された、フィンランド映画『ブレスレス』(英題『DOGS DON’T WEAR PANTS』)だ。心の傷を癒すことができずにいる中年男が、孤高の女王さまと出逢い、過激なSMプレイによって生きる喜びを取り戻すというストーリーとなっている。痛みを感じることでしか、生を実感できないという主人公の境遇は、非常に危うく、とても現代的でもある。

 物語の舞台となるのは、フィンランドの首都ヘルシンキ。外科医のユハ(ペッカ・ストラング)は湖畔の別荘での休暇を楽しんでいた際、最愛の妻を水難事故で亡くすという悲運に見舞われた。事故から10数年が経った今でも、妻のことが忘れられずにいる。妻が残した衣服はすでに温もりも匂いも消えてしまっているが、彼女が愛用していた香水を振り撒き、衣服を頭からすっぽり被っては自慰に耽っていた。世界で最も哀しいオナニストだった。

 妻亡き後は再婚せず、ずっと後ろ向きな人生を歩んでいたユハだったが、ある日運命的な出逢いを果たすことになる。思春期に差し掛かった娘のエリ(イロナ・フッタ)が「舌ピアスをしたい」と言い出し、誕生日プレゼントとしてボディピアス専門店へと連れていく。ユハは年頃の娘に理解のある、よき父親だった。

 エリが舌ピアスの手術を受けている間、手持ちぶさただったユハは隣接する怪しいお店を覗く。そこはSMクラブで、ホラー映画『ヘル・レイザー』(87)に登場するピンヘッドなど、さまざまな責め具が並べてあった。ちょっとした好奇心から店内に足を踏み入れたユハは、ボンデージ姿の女王さま・モナ(クリスタ・コソネン)にいきなり首を締められる。客と間違えられたのだ。

 モナに首を締められた瞬間、ユハに奇跡が起きた。酸欠状態で意識が遠のくユハの脳裏に浮かんできたのは、湖で亡くなった妻の幻影だった。幻でも妻に会えたことが、ユハにはうれしかった。その日以来、ユハはモナのいるSMクラブへと足繁く通うようになっていく。

 女王さまのモナに首を締められているときだけ、ユハは亡き妻に会うことができた。首を締める時間が長ければ長いほど、ユハはより妻に近づけた。それまで死んだような人生を過ごしていたユハは、生と死の境界線に触れることに生きる希望を見い出した。

123
関連キーワード

フィンランド発、純愛系SM映画『ブレスレス』 亡き妻の面影を女王さまに求めるダメ男の危うさのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

ラッセル・クロウ主演の恐怖映画『アオラレ』

 ついクラクションを鳴らしたことから、悲劇は...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

最近お笑いの賞レースで、ロングコートダディの名前を見る機会が増えた。「脱力系」「とらえど...
写真