日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 伊藤沙莉主演R15映画『タイトル、拒絶』レビュー
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.609

自分を好きになれない貧困女子たちの下流ライフ 伊藤沙莉が主演のR15映画『タイトル、拒絶』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

 

デリヘル業界を舞台にした『タイトル、拒絶』。表面化しにくい「貧困女子」像が描かれている。

「コロナ終息後は、かわいい女の子が風俗に来る」という主旨のコメントをラジオ番組で語ったお笑いタレントが猛バッシングを浴びた。女性が性的搾取に遭うことを喜ぶようなニュアンスが、女性層の怒りを買った。お笑いタレントが謝罪コメントを重ねた後もバッシングは続いたが、経済不況が多くの「貧困女子」を生み出し、風俗業界がその受け皿になっているという社会構造そのものは変わることなく存在する。伊藤沙莉主演映画『タイトル、拒絶』は、風俗の世界で生きているセックスワーカーたちにスポットライトを当てたものだ。Netflix配信ドラマとして爆発的な人気を呼んだ『全裸監督』(19)の脚本家チームが、監督・脚本・プロデュースを手掛けていることでも注目される。

 無店舗型デリバリーヘルス「クレイジーバニー」に体験入店した女性・カノウ(伊藤沙莉)の視点から、この物語は進んでいく。カノウは平凡な家庭で育ち、高校・大学を卒業するという平凡な人生を歩んできた。決して高望みしたわけではないものの、就活は全滅。面接を受けては落ち、また受けては落ち……という繰り返しだった。カノウいわく「クソみたいな人生」から、抜け出すことができずにいた。

 そんなカノウは気合一発、デリヘルに体験入店する。だが、いざラブホテルの一室で知らないオッサンと2人っきりになってしまうと、自分の恥部をさらけ出し、性サービスを行うことができない。やる気満々なオッサンを振り切って、ラブホから半裸姿のまま逃げ出してしまうカノウ。風俗デビューも失敗に終わってしまった。

 さっさと店を辞めて立ち去ればいいのに、なぜかカノウは店に残り、キャストではなくスタッフとして働き始める。カノウはかなりの変わり者だ。デリヘル嬢になれなかった自分への罰なのか、それとも他の仕事を探すのが億劫なのか。おそらく、カノウがそのまま店に居残ったのは、風俗という世界が変わり者を許容する敷居の低い業種だからだろう。

 店の待機部屋には、一見すると普通っぽいけれど、クセのある女性たちが次々と出入りしている。店でいちばんの売れっ子のマヒル(恒松祐里)は清楚なお嬢さま風に見えるが、おかしくもないのにいつも笑っている。メンヘラっぽい。熟女ニーズを受け持つシホ(片岡礼子)から睨まれると、思わずビビってしまう。待機部屋の隅っこにいるメガネ女子のチカ(行平あい佳)は、ノートに熱心に何かを書き綴っている。そんなキャストたちを相手に、カノウはこまごまと雑用を請け負う。

123

自分を好きになれない貧困女子たちの下流ライフ 伊藤沙莉が主演のR15映画『タイトル、拒絶』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

『SUITS/スーツ』低視聴率ながら第3弾実現へ!?

 今年4月から放送されてきた俳優・織田裕二主...…
写真
インタビュー

ジョブズもハマった禅僧、驚愕人生と素顔

 スティーブ・ジョブズが師と慕い、一時は生活を共にした禅僧・乙川弘文(おとがわ・...
写真