日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ダウンタウン松本「歳をとる事は罪」なのか?
M-1にはなぜ、年齢宣言があるのか?

ダウンタウン松本のボヤキ「お笑いで、年をとる事は罪」なのか? 元芸人が考えるベテランの条件

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

ダウンタウン松本のボヤキ「お笑いで、年をとる事は罪」なのか? 元芸人が考えるベテランの条件の画像1
写真/GettyImagesより

 2021年1月5日、新年早々とある芸人のツイッターでの発言が話題となった。

 これはあるライターの方が『絶対に笑ってはいけないGo Toラスベガス24時!』(日本テレビ系)について、ダウンタウンお二人(特に浜田さん)の”老化”に焦点をあてた記事に対して、松本さんが静かに言及した次第だ。

 記事には番組内の「下克上ゲーム対決」というコーナー中に、”ひとりE.T”というゲームでは指先が揃わない、”負け続け後出しじゃんけん”ではどうしても勝ってしまうなどを、失態としてとりあげ、現役としての「選手」を引退し「監督業」に専念すべきと、具体的に書かれていた。

 そもそもお笑いというのは、どんな手段を使ってでも笑わせること、それが最優先事項だ。

 それを踏まえて、笑いをとる手段は細分化されており、巧妙に言葉だけのやり取りでスマートに笑いをとる者もいれば、汚れ役に徹してリアクションなどで笑いをとる者もいる。

【失態】と表現されていた浜田さんの行為で、少なくとも共演者は笑っていた。

“老化”で笑いが起こったというより、浜田さんのキャラクターとして普段は強面として取り扱われるが、それに反してゲームが苦手という、ある種”可愛らしいギャップ”を生かした笑いの取り方であると感じた。
 さすがとさえ思う技術に見えた為、【失態】という言葉に違和感を感じる。

 また『選手を引退し、監督業に専念』という部分に関して、このライターさんは多くの芸人と考え方が異なっている。

「笑わせられる側」を選手「笑わせる側」監督業という意味合いで書いてらっしゃったが、これについてはまったく意味がわからない。

 レギュラーの5人(ダウンタウン、月亭方正、ココリコ)に対して、“笑いの刺客”を演じる芸人やタレントたちはすべて選手だ。違いは”攻撃”か”防御”かという点だけ。

さらに、攻撃側(笑わせる側)のほうが受け手側よりプレッシャーがあり、絶対に笑わせるという不利な戦いに挑むというところから、よっぽど選手という感じがするのだが……。

 と、まあ記事に対しての意見はこのくらいにして、今回は”お笑いの世界において、歳をとる事が罪なのか”を元芸人目線で分析していこう。

123

ダウンタウン松本のボヤキ「お笑いで、年をとる事は罪」なのか? 元芸人が考えるベテランの条件のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

里咲りさ×鈴木咲スペシャル対談

前回の倉持由香さんとの対談に続き、連載2回目に登場いただく対談相手は、倉持さんの友人でも...
写真