日刊サイゾー トップ > 社会  > 日本の犯罪が“巣ごもり”傾向…児童虐待DV増加

新型コロナで日本の犯罪減も児童虐待や家庭内DVが増加…犯罪も巣ごもり傾向に

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

配偶者からのDVも深刻な増加

 同様に増加を続けているのが、配偶者からの暴力事案だ。相談件数は2010年以降一貫して増加し、2020年は8万2641件と前年比434件(0.5%)増加した。過去5年で18.2%も増加している。

 検挙件数は、2020年は8701件と前年比で389件(4.3%)減少したものの、過去5年では4.9%の増加となっている。

 ストーカー事案については、相談等件数は前年比で723件(3.5%)減少したものの、2013年以降は2万件を超える水準で推移しており、検挙件数は2020年も985件と前年比121件(14.0%)の増加となった。過去5年で28.1%も増加している。

 このように2020年は新型コロナの感染拡大の影響から犯罪件数は減少したものの、サンバー犯罪やSNSを媒介とした被害児童の増加、児童虐待や家庭内DVなどが増加した。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2021/02/11 18:00
12

新型コロナで日本の犯罪減も児童虐待や家庭内DVが増加…犯罪も巣ごもり傾向にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真