日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > “キムタクが如く”新作が9月発売で話題に

“キムタクが如く”最新作発売発表で騒然!新たな舞台横浜で八神が大暴れ

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

キムタクが如く最新作『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』発表!新たな舞台横浜で八神が大暴れの画像1

 5月7日にセガが『JUDGE EYES』シリーズの最新作『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』を9月24日に世界同時発売することを発表した。本作は、『龍が如く』シリーズを手掛けるスタジオによるアクションアドベンチャーで、木村拓哉がゲームに登場することで注目を集めたシリーズ最新作。

 2018年に発売された前作だが、およそ3年の時を経てどういったゲームになるのだろうか?

キムタクが如くの異名をとるシリーズ

 まずは前作のおさらいをしておこう。前作『JUDGE EYES:死神の遺言』は、2018年12月に発売された龍が如くスタジオによるアクションアドベンチャー。「木村拓哉 in ゲーム」のキャッチコピーからわかるとおり、キムタクがゲームの主人公として登場することから話題になった。

キムタクが如く最新作『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』発表!新たな舞台横浜で八神が大暴れの画像2

 19年3月に同作のゲーム内に登場していたピエール瀧がコカインの使用容疑で逮捕されたことを受け、出荷・ダウンロード販売の停止および在庫の自主回収をすることでもメディアを賑わした。

『JUDGE EYES:死神の遺言』は、『龍が如く』シリーズでもおなじみの神室町が舞台。この神室町は新宿歌舞伎町をモデルにした歓楽街となっている。21年4月にはグラフィックの向上を図ったリマスター版も登場しており、新作発売前の予習としてもぴったりだ。

 9月24日に発売される最新作『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』はこの続編に当たり、もちろん主演はキムタクだ。ゲーム内でのキムタクは、主人公の八神隆之として登場。元弁護士でもある八神を取り巻く登場人物として、前作から続投の中尾彬のほか、玉木宏、山本耕史、光石研ら豪華俳優陣が登場する。

キムタクが如く最新作『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』発表!新たな舞台横浜で八神が大暴れの画像3

12

“キムタクが如く”最新作発売発表で騒然!新たな舞台横浜で八神が大暴れのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真