日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 鈴木もぐら&岡野陽一のパチンコ番組『くずパチ』がアツい

鈴木もぐら&岡野陽一のパチンコ番組『くずパチ』がアツい!? クズ芸人ここに極まれり

文=日刊サイゾー

鈴木もぐら&岡野陽一のパチンコ番組『くずパチ』がアツい!? クズ芸人の真骨頂ここに極まれりの画像1
『もぐら×岡野のくずパチ』動画より

 お金や時間にルーズで、数百万円クラスの多額の借金を抱える“クズ芸人”が人気となっている昨今。その魅力が十二分に詰まったネット番組『もぐら×岡野のくずパチ』が密かに話題を呼んでいる。

 テレビ埼玉で放送されているパチンコ番組『新!王庭伝説』のYouTube チャンネル『新!王庭チャンネル』で、週1回配信されている同番組。“銀河系最強のクズ芸人”として岡野陽一と空気階段・鈴木もぐらが出演し、ただただパチンコをするだけという内容だ。

「本当にシンプルな番組で、岡野ともぐらが話しながら、並んでパチンコを打つだけです。めちゃめちゃ当たるだけでも、全然当たらないわけでもなく、とにかくただ打つだけ。一応番組から2人で4万円の軍資金をもらえるんですが、基本的にすぐ使い果たしてしまう。そして、新たな軍資金を借りるために、2人がスタッフに土下座をするんですよ。躊躇なく地面に頭を擦り付けるさまは、まさにクズ芸人の真骨頂」(メディア関係者)

 YouTubeでは、数々のパチンコ・パチスロ動画が人気となっている。そのほとんどが、パチンコライターやパチスロライターと呼ばれる演者が、機種の解説をしながら実戦するというものだ。

「『くずパチ』の場合、機種の解説はほとんどなし。2人が勝手な“オカルト”情報を話しながら、打つというのが基本です。だから、パチンコの勉強には全然ならないんですが、それが本当に面白い。全然当たらずに2人が拗ねていく感じなんかをそのまま流すのも最高だし、ことあるごとに休憩してタバコを吸いに行くのも逆に面白い。こんなに人間味があふれる動画は他にないと思いますよ。

 本来パチンコ動画は、いかにたくさんの大当たりを引いて“見せ場”を作るかが重要なんですが、『くずパチ』では当たらなくても全く問題なし。むしろ2人のトークこそが重要なので、当たらずにウダウダ言っているシーンこそが見どころになっている。いまあるパチンコ動画の中では、間違いなくいちばん面白いと言えるでしょう」(同)

 しかし、すでに売れっ子となっている岡野ともぐら。2人の“クズっぷり”が下がりつつあるのではないかとの懸念があるようだ。

「2人とも、すでに結構な収入を得ていますからね。それぞれ多額の借金を抱えているといわれていますが、それを返してしまったら、面白さが半減してしまうのは確か。今後、2人がどうやって自分たちのキャラクターを出していくかは大きな課題です。視聴者にしてみれば、ずっと借金を返せないままでいてほしいと思ってしまいますね(笑)」(同)

 売れれば売れるほど面白くなくなっていくというジレンマを、いかに跳ね返していくかにも注目だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/06/08 12:00

鈴木もぐら&岡野陽一のパチンコ番組『くずパチ』がアツい!? クズ芸人ここに極まれりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

勢いと笑いのセンスをこなす

 連載の作品選びを自由にさせて頂いてから、人...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真