日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 菅義偉首相、小池百合子東京都知事を取り込み“内閣延命”へ

菅義偉首相、犬猿の仲だった小池百合子東京都知事を取り込み“内閣延命”へ

本田翼の熱愛スクープと「ジャニーズに残った人は悪」という新しい図式

 さて、CM女王といってもいい本田翼(28)が、2歳年下のイケメン研修医とマンションで「巣ごもり愛」をしていると、やはりフライデーが報じている。

 超多忙で、その上、ゲームをやりたいからカレがいても9時には家に帰ってほしいとまでいうゲーマーの彼女が、一緒にいてもいいという男性とは?

 私立大学の医学部出身で、3年目の内科医として都内の病院に勤務しているそうだ。実家は食料品や生活用品の輸出入を手掛ける会社を経営していて、英語と中国語が話せ、学生の頃からBMWの高級グレードに乗っていたという。

 彼は学生時代から本田翼の大ファンで、オンラインゲームで接触して親しくなり、体中を接触する仲になったというのだから、何とも羨ましい話ではないか。

 私も中学生時代から60年以上、吉永小百合に恋い焦がれていて、何とか接触を試みようとしているのだが、いまだ叶わない。濃厚でなくていいから、何とか接触する方法はないものか。

 ジャニーズ事務所を退所した人間は善、残った人間は悪。そんな図式が出来上がりつつあるようだ。

 元SMAPの草彅剛、香取慎吾、稲垣吾郎たちはメディアが挙って取り上げ、今日買った『週刊文春WOMAN』(2021年夏号)でも、表紙に香取の画を掲載し、巻頭のグラビアで写真とインタビュー、稲垣は作家の平野啓一郎と対談をしている。

 草彅は映画『ミッドナイトスワン』で第44回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を受賞と順風満帆である。公園で酔って素っ裸になったことや、交通事故を起こしてトラブったことなど、メディアは忘れ去ったかのようである。

 一方のキムタクのほうは、取り上げられる話題は2人娘のことばかりで、中居正広にいたってはほとんど話題にもならない。

 活動を休止した「嵐」も、取り上げられるのは私生活、それも女性問題が多いようだ。

 今週は二宮和也(38)の「女性問題」を文春が取り上げている。といっても、二宮の妻(40)と連れ立って、彼女の実家のある秋田県秋田市に生後3カ月の娘を連れて里帰りしたという話なのだが、時期がいけなかった。

 6月18日、地元のベビー用品店で仲睦まじく買い物をしたり、妻の母校の高校を眺めている写真が何枚か載っているが、この日はまだ緊急事態宣言が出ている時で、秋田県の佐竹敬久知事が、県外との不要不急の往来は控えて、特に東京都との往来は十分注意するようにというメッセージを出していたのだ。

 さらに、自身のYouTube『ジャにのちゃんねる』で秋田に来る前日の生放送で、後輩たちが「一泊の温泉旅行をやりたい」というのを二宮は、「今、まだ緊急事態宣言でしょう? やっぱりそれが明けないことにはできないわけだからね。旅とかはね!」と諭していたというのだ。

 その翌日から自分は秋田入りするというのでは、後輩たちにも示しがつくまい。

 二宮は、なぜ、自分が秋田へ行くことを文春が知ったのか、身内にスパイがいるとすれば誰だろうかと疑心暗鬼になっているのではないか。

 二宮や櫻井翔にいってやりたい。ジャニーズ事務所を退所すれば、君たちも“いい人”になれて、文春砲に悩まされることもなくなると。

12345678910
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed