日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 若手発掘よりもベテランが0.1%にかける闘い

『キングオブコント』は「若手発掘よりもベテランが0.1%にかける闘い」14年目のルール改定で明確に?

『キングオブコント』は「若手発掘よりもベテランが0.1%にかける闘い」14年目のルール改定で明確にの画像1
TBS『キングオブコント』公式サイトより

『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)や『R-1グランプリ』(フジテレビ系)と並んで、決勝戦がテレビで放映される笑いの大会といえば『キングオブコント』(TBS系)である。

 今回はそのキングオブコントについて分析していこうと思うのだが、前回「雨上がり決死隊さんの解散」についてかなりこってりと書いてしまった(『宮迫博之に元芸人が感じた違和感…雨上がり解散番組に臨んだ二人の差』)。

 ラーメンでいうところの味濃いめ・脂多め・麺固めだ。連続でそんなこってりしたラーメンを食べるとどれだけ美味しかったとしてもさすがに胃もたれしてしまう。どうしてもラーメンが食べたいのならば、佐野ラーメン・喜多方ラーメン・東十条にある、めん処 ほん田のようなあっさり味の類をおすすめする。

 ということで今回はキングオブコントについて、あっさりすっきり元芸人としての視点で分析をしていこう。

 キングオブコントは今年、スタートして14年目にしてルールが改定された。

 これまでは「プロアマ問わず、所属事務所、芸歴、グループ結成年数の制限なし!」で、条件はたった2つ。2人以上のグループであること。即席ユニットはアマチュアのみ参加可能。この2つ以外はすべて不問という、来るもの拒まずのなんとも大盤振る舞いな大会だ。

 今回の「キングオブコント2021」ではこれに追加し、プロ同士の即席ユニットも出場可能となったのだ。「待ってました!」と言わんばかりに、売れないプロのピン芸人同士が即席でユニットを組んだり、テレビに出る為にコンビ同士がユニットを組んでカルテットやクインテットになったりたりと、まるでお笑いバトルロイヤル。「面白ければ何でもアリ!」という感じが凄まじい。

 もちろん売れていないコンビやピン芸人だけがユニットを組んだわけではない。なんたって何でもアリのバーリトゥード。売れている芸人同士がユニットを組んで参加したのだ。

 有名どころでいうと、元ラーメンズの片桐仁さんと青木さやかで結成した「母と母」、M-1グランプリで一躍売れっ子芸人の仲間入りを果たした「おいでやすこが」、そして最も物議を醸しだしているのはチ、ョコレートプラネットとシソンヌの同期ユニット「チョコンヌ」だ。

 このチョコンヌに関しては、参加を表明した時にすでに賛否両論、なんだったら否の方が多かったのではないだろうか?

 非難する側の意見の大半は「売れているのだから出る必要がない」とか「ほかの若手のチャンスをつぶしてかわいそう」など。これが普通の健全な格式の高い厳格などこぞの大会だったらそういう気持ちもわかる。

 だが、この大会は何でもアリのキングオブコント。というよりお笑い自体が元来、面白ければなんでもアリという世界なのを忘れているのではないか。

 さらにいうとこのキングオブコントという大会は元々、若手芸人にチャンスなどない。何故ならこの大会が発足した時の意味合いが、ほかの大規模なお笑いコンテストと違うからだ。

 例えばM-1は漫才で一番面白い10年以内の若手を発掘しようという目的。R-1はとにかく一人芸で面白い人を見つけようという目的。R-1のRは落語からとっている。落語家、モノマネ芸人、ひとりコント、ある意味なんでもありの大会だったが、2020年から10年以内というルールが追加されてしまった。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed