日刊サイゾー トップ > インタビュー  > ミス週刊少年マガジンを受賞
菊地姫奈インタビュー

ミス少マガを受賞した現役女子高生・菊地姫奈、コンテストで争奪戦だった

文=徳重龍徳(とくしげ・たつのり)

ミス少マガを受賞した現役女子高生・菊地姫奈、コンテストで争奪戦だったの画像1
菊池姫奈(写真/宇佐美亮)

「もう少しだけ。もう少しだけ、撮らせてください」

 秋晴れの乃木坂での撮影は、所定の時間を過ぎていた。カメラマンからの延長願いにマネージャーと顔を見合わせたが、カメラマンの気持ちはよくわかった。ファインダーをのぞかなくても、被写体の17歳が撮りたくなる、表現したくなる存在だと伝わった。初めて生で見た菊地姫奈は、とても佇まいが美しい子だった。

 菊地の存在が大きく知られたのは、2020年に行われたミスコンテスト「ミスマガジン2020」ベスト16のお披露目会見だった。小さな顔、意思を感じさせる目、幼い顔立ちに似合わぬ、15歳にしてフィギュアを思わせる完成されたボディー。ひと目でグラビアの逸材だと感じた。

 ミスマガジンではミス週刊少年マガジン賞を獲得。この1年間で数多くのグラビアを飾り、一気にファンを増やした。10月にはファースト写真集『はばたき』(講談社)も発売。グランプリではない菊地が写真集を出せたことは、期待の裏返しといえる。

「グランプリが写真集を出せると聞いていたので、自分は出せないと思っていました。なので写真集を出せると編集さんから聞いた時、嬉しかったですし、同時に売れるのかなって不安でした」

ミス少マガを受賞した現役女子高生・菊地姫奈、コンテストで争奪戦だったの画像2
宇佐美亮

 どこかクールな印象を受ける外見だが、しゃべるとかわいらしい声が返ってくる。10月19日に誕生日を迎え、現在は17歳。一瞬、一瞬で大人びた顔とあどけなさがコロコロと入れ替わっていく。

「子どもの年齢で『子どもっぽいね』と言われるのは普通。大人の年齢で『大人っぽいね』といわれるのも普通。でも17歳の年齢で、大人っぽいといわれる今は一つの武器なんじゃないかなと思います」

ミス少マガを受賞した現役女子高生・菊地姫奈、コンテストで争奪戦だったの画像3
宇佐美亮
ミス少マガを受賞した現役女子高生・菊地姫奈、コンテストで争奪戦だったの画像4
宇佐美亮

 茨城県出身の菊地は、幼稚園からクラシックバレエに打ち込んだ。小学生に入る頃には学校が終わると週5でレッスンに通った。母は宝塚歌劇団へ入ってほしいと願い、指導する先生からも期待を集めていた。

「どちらかというとお母さんの方が熱心で、私は子どもだったので『レッスンきついな』と思ってました。ただ、バレエの舞台に立って、表現することはすごく楽しかったです」

 結局、小学5年生の時にバレエはやめてしまう。当時は子どもだったこともあり喪失感はなかったというが「今思うとグラビアでの見せ方であったりいろいろ学べたし、続けておけばよかったなって思います。今は本当に私はバレエをやってたのかなと思うくらい、体が硬いです(笑)」と少し後悔もしている。

123

ミス少マガを受賞した現役女子高生・菊地姫奈、コンテストで争奪戦だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

北条時房の“コミュ力”と兄・義時との関係

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真