日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 異端の松竹芸人、みなみかわを考察

みなみかわ、異端の松竹芸人。TKO木本らにも強心臓を貫いてブレイク果たす

「妻VS松竹芸能」から発展して、みなみかわ独立の可能性は?

「松竹を破壊する」と、かねてよりとんでもないことを公言しているみなみかわ。それは、本心なのか? 『KAMINOGE』のインタビューで、彼はこう発言していた。

「やっぱ、松竹ってちょうどいい温度でよかったというか。みんな優しいし、怒る先輩もいないし。クロちゃんにもたまにメシ連れて行ってもらえるし、もう最高ッス(笑)」

 その一方で、みなみかわの妻・雅代さんがDMを駆使してあらゆる人物に夫の出演交渉を行ったのは有名な話だ。結果、東野幸治や千原ジュニア、佐久間宣行のYouTubeチャンネルにきっちりみなみかわを送り出してみせた。

 その真意については、番組にVTR出演した雅代さん自身が明かしている。

「(みなみかわは)去年の9月に『ゴッドタン』(テレビ東京系)に出て、去年11月に『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出たので、『これは売れる!』って思ったのに、1月に25日休みがあったんですよ。『ちょっと待って! なんで!? 今、頑張んなきゃダメじゃん』みたいな。それこそ、吉本さんだったらもうとっくのとうに売れてたんじゃないかなって思っていて。松竹さん、ちょっと売り方が下手クソだったんじゃないかなと思って(笑)」(雅代さん)

 松竹批判が止まらない雅代夫人。しかし、キチッと夫がハマりそうで、かつ力のある先輩芸人に凸撃する選球眼は馬鹿にできない。事実、今のみなみかわの露出は右肩上がりである。

 問題がないわけじゃない。彼女が売り込みをかけているのは松竹芸能に留まらず、他事務所の芸人ばかりなのだ。今はマッコイ斉藤経由で石橋貴明のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」出演まで目論んでいるというから、業界内のルールとしては荒唐無稽だ。

「松竹、(妻に)ブチギレなんですよ。だから、何回も『やめろ』って言ってるんですけど、『何が? いや、成功してるし。えっ、東野さんとの仕事取ったことあります?』って言って。今、嫁と松竹バチバチです」(みなみかわ)

「闇営業」ではなく、今は「嫁営業」の時代ということか? ただ、雅代さんがマネージメントするなら、みなみかわは事務所を辞めてフリーになってもいい気もするが……。

 実はみなみかわ、8月9日に配信された自身のYouTubeチャンネルにて、こんな事実を明かしているのだ。

――みなみかわさん、結構本格的に根回しをして、しっかり事務所に交渉して、(松竹を)辞めるって言ってましたよね?
「辞めるって言ってた。で、辞めるつもりやったしな。妻が会社を立ち上げて独立するつもりやったんですけど、『辞める』って言ったら仕事増えたんよ。(中略)ほんで、ほんまに辞めようかなっていうときにとんでもない大事件(TKO木本の騒動)が起きて。俺、このまま辞めたらグルやと思われるから(笑)」

 みなみかわの言動を掘り下げ、整理していくほどに、どこに本音があるかわからなくなってくる。松竹芸能がいい事務所なのか否かも、煙に巻かれている感覚なのだ。ドキュメントを見ているかのような、長いコントを見ているかのような。

 ほぼブレイクしかけているのに、今も不遇を装い続けている姿にも煙に巻かれている感がある。

寺西ジャジューカ(芸能・テレビウォッチャー)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

てらにしじゃじゅーか

最終更新:2022/08/18 20:00
123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed