日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 長瀬智也、引退してなかった!

長瀬智也、俳優業継続の意思を明らかに ジャニーズとも関係良好で活動再開は近い?

長瀬智也、俳優業継続の意思を明らかに ジャニーズとも関係良好で活動再開は近い?の画像
Instagram「nagasetomoya_」より

 元TOKIOの長瀬智也が、元プロレスラー・長州力のポッドキャスト番組に出演。一部では「芸能界を引退した」ともみられていたが、番組で俳優業の継続の意思があることを明かした。

 昨年3月いっぱいでTOKIOを脱退し、ジャニーズ事務所からも退所して表舞台から姿を消した長瀬。Instagramでの発信が近況をうかがい知れる唯一の手段となっていたが、11月25日にスタートした長州のポッドキャスト番組『長州力の愛のラリアット』に初回ゲストとしてサプライズ出演し、突然の“復帰”を果たした。長瀬の現時点で最後の出演作となっている昨年1月期の主演ドラマ『俺の家の話』(TBS系)に長州が出演したという縁があり、長瀬はその恩に報いるために今回のゲスト出演を決めたという。

 長瀬は収録現場であるレスラー御用達の有名ステーキハウス「リベラ」に駆けつけ、「お久しぶりです! おかげさまで元気でやっております。ご無沙汰しております。制作の方からお話を聞きまして、これは出ないわけにはいかないんじゃないかなと……」と語り、長州は「いやーびっくりした。願いはかなうんですね。ありがとうございます!」と再会に喜びを爆発させた。

 12月2日に更新された第2回にも、長瀬は引き続き出演。スタッフから「長瀬さんは今、何をしているのか」と問われると、長瀬は「急に俺をプー太郎扱いするのやめてもらっていいですか(笑)」とジョークを交えつつ、「仕事とは言わないですけど、自分の好きなことをプライベートで考えていて、それがどういうものになるのか。自分で作るものもあるし、他人に伝えるために自分で作ったものを見せることもあるし、それからさらに何かを作るってこともある」などと説明。「表現者」という意味では、ジャニーズ時代と変わっていないようだ。

 さらに、長瀬は俳優業について、「役者業みたいなものは今はやってませんけど」としつつも、「これからも機会やお話があって何か協力できることがあればやりたいなとは思いますけどね」と明言。長州とのトークをきっかけに演技論を語ったり、『俺の家の話』で脚本を務めた宮藤官九郎に言及したりと、俳優業への熱が冷めていないことを感じさせた。

 もしジャニーズ事務所のような大手芸能プロと「ケンカ別れ」したとなると、本人に継続の意思があっても「忖度」によってオファーがこないということもある。実際、それが原因で退所後に思ったような活動ができていないとみられる元ジャニーズのタレントもいる。

 しかし、長瀬の場合は、退所後もTOKIOのレギュラー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で過去の出演シーンが流れたり、国分太一が11月7日に44歳の誕生日を迎えた長瀬に対して「あっ!誕生日だ!おめでとうございます!忘れてないよー」とTwitterでメッセージを送ったりと、事務所との間に軋轢はなく「円満退所」だったことをうかがわせている。

 となれば、長瀬が遠くない将来に俳優として本格的に活動再開する可能性は十分にありそうだ。特に、ファンからは出世作となった主演ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)からの盟友である宮藤官九郎の作品への出演が期待されている。

 実際、宮藤官九郎が脚本で関わるTBS×Netflixの配信ドラマ『離婚しようよ』には2019年に退所した錦戸亮が起用されたことで、長瀬ファンの期待は高まっている。『池袋ウエストゲートパーク』『俺の家の話』など長瀬の数々のTBSドラマ主演作、そして『離婚しようよ』のプロデューサーである磯山晶氏は、長瀬の退所前に「他にはいない才能だから、俳優を辞めないでほしいです」とラブコールも送っていた。

 ファン、そしてドラマ・映画界からも俳優復活を期待されている長瀬。退所時には「芸能界引退」「今後は裏方に転身する」などとさまざな憶測が広がったが、本人に役者を続ける意思があることを知ったことで多くのファンがひとまず安堵したといえそうだ。

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2022/12/06 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|テレビ・エンタメ・お笑い・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

秋ドラマ後半戦! 視聴率、忖度なし全話レビュー更新

『下剋上球児』『ONE DAY』『ブラックファミリア』…最新情報
写真
インタビュー

難関のFP1級を目指すサバンナ八木の夢

 続く物価上昇に給料アップは追いつかず、個人...…
写真
人気連載

晩年の家康が寵愛した側室たち

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

川島明「売れる」ことを決めた男の15年間

 6日に発表された2023年の「テレビ番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ/関東地区)で麒麟・川島明が自身初の1位を獲得。朝の帯番組『ラヴ...…
写真