日刊サイゾー トップ > 沖田臥竜(作家)

沖田臥竜(作家)の記事一覧 (53件)

作家。2014年、アウトローだった自らの経験をもとに物書きとして活動を始め、小説やノンフィクションなど多数の作品を発表。小説『ムショぼけ』(小学館)や小説『インフォーマ』(サイゾー文芸部)はドラマ化もされ話題に。最新刊は『インフォーマ2 ヒット・アンド・アウェイ』(同)、『ブラザーズ』(角川春樹事務所)。調査やコンサルティングを行う企業の経営者の顔を持つ。

Twitter:@pinlkiai

ドラマ、小説、そしてコミック第2巻も発売!『ムショぼけ』という文化祭は永遠に続く
松本人志問題に絡み後輩芸人が講談社を提訴…対するまっちゃんの対応に強い違和感
ドラマ、小説、そしてマンガへ…『インフォーマ』はなぜここまで拡大したのか
『インフォーマ』から『ブラザーズ』へ……息苦しい世の中を生きる人々へ送る自信作
松本人志の復活は遠くない! 判決を前にすでに出ている「ある結論」
忘れられない『ムショぼけ』の夏―北村有起哉さんとの対談公開を控えて
サイゾーから出版された小説が続々マンガ化され、単行本に…作者・沖田臥竜の想いとは?
『インフォーマ』に続く快作『ブラザーズ』誕生…コンプラ時代を逆行する男たちの魅力
文春、新潮が並んで報じた松本人志問題と未来への懸念
ダウンタウン・松本人志が文藝春秋を提訴したことについて思うこと
松本人志の芸能活動休止に想うこと…逸脱したメディアパワーを振りかざす責任
『インフォーマ』続編がついに登場!大晦日にはコミックもスタート
ジャニーズ新会社「STARTO」福田淳氏が真っ先に文春に登場…続くファンの反発
小説『インフォーマ2』が早くも年の瀬に降臨…無双の情報屋を描き、ドラマ化で話題
尼崎で誕生し、小説、ドラマで話題を呼んだ『ムショぼけ』がマンガになって帰ってきた
ジャニーズ新会社社長にファンから反発の声…そこに込められた想い
「SMILE-UP.」東山紀之社長が新会社社長を辞退…を報じるマスコミに告ぐ
【総括】ジャニーズ叩きを延々と擦り続けたメディア…もはやいちゃもんの領域
ジャニーズ問題から透ける「ジャーナリズム」「公益性」という言葉の空虚さ
ジャニーズ問題を過熱させ、新体制の再出発を妨げるマスメディアの過ち
ジャニーズ報道に見る「地上波テレビは衰退する」納得の理由
ジャニーズの崩壊を嘲笑するかのようなジャーナリズムという傲慢
あの『ムショぼけ』がマンガになって帰ってくる…コロナ禍の尼崎からスタートした物語が新章へ
木原事件ほか未解決事件を収めた『迷宮』はなぜ生まれたのか?【重版決定、電子書籍刊行】
【緊急寄稿】文春vs木原官房副長官…「迷宮」入りした事件をめぐる攻防を沖田臥竜はどう見る?
インフォーマは眠らない…『インフォーマ』Blu-ray&DVD BOX発売決定
Netflixドラマ『サンクチュアリ -聖域-』が魅せた物語の強さとは?
映画『最後まで行く』…本家・韓国を超え、世界に見せつけた日本映画の真骨頂
なぜ『インフォーマ』の作者が河合塾で講演会をするのか…若い世代に一番伝えたいこと
人気ロケ地として爆誕した「尼崎」…その裏にあった物語【インフォーマ外伝】
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed