ヤクザの記事一覧 (22件)

生活保護不正受給を「国を相手にしたシノギ」とのたまうヤクザ…その不遜ぶりに思わず唖然
現代ヤクザのリアルな声を集めたノンフィクション『令和ヤクザ解体新書』(佐々木拓朗・著)。ここには、ヤクザ報道に注力する実話誌などの媒体には載ることがない、等身大のヤクザの姿が収...
実はヤクザではご法度の「覚醒剤」…それでもシャブ屋をやめなかった男の言い分
 現代ヤクザのリアルな声を集めたノンフィクション『令和ヤクザ解体新書』(佐々木拓朗・著)が発売された。ここには、実話誌などヤクザ報道に注力する媒体には決して載ることがない、等...
“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、『孤狼の血 LEVEL2』にモノ申す「あんなヤクザ、平成初期にいねーよ!」
“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、森羅万象を斬る不定期連載。今回のテーマは、大ヒット中のヤクザ映画『孤狼の血 LEVEL2』(原作:柚月裕子、監督:白石和彌)だ。前...
ヤクザだって愚痴りたい! トイレットペーパーを切らして親分に激ギレされた中年極道の悲哀
Amazonでは先行発売中で、来週には一般書店での販売も開始される『令和ヤクザ解体新書』(サイゾー)。この作品の中で生々しくも人間臭い、これまでにないヤクザの実態を描いたのは...
「だいたい一番に飛ぶのは運転手か部屋住や」…Vシネや実話誌には描かれないヤクザの現実
8月25日に『令和ヤクザ解体新書  極道記者が忘れえぬ28人の証言』(サイゾー)が発売される。著者は長年、ヤクザ取材をしてきた佐々木拓朗氏。個人としては初めとなる著作には、タ...
ユーモア、皮肉、哀愁…現代ヤクザの「ナマの姿」に我々が興味を惹かれるワケ
 8月25日、サイゾーから『令和ヤクザ解体新書 極道記者が忘れえぬ28人の証言』が上梓される。著者は20数年、実話誌業界でヤクザを取材してきた佐々木拓朗氏だ。同氏は、これまで...
組織に人生を賭けた元ヒットマンの嘆き「いちばん後悔しているのは…」
2011年、暴力団排除条例が全国で最後となる東京都でも施行され、早くもそれから10年が経った。この間、ヤクザたちはどう変わっていったのか。そして、変わらざるをえなかったのか。...
“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士「ふとした瞬間に昔の自分に戻りそうになる」──映画『すばらしき世界』に過去の自身を重ねる
 “キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、森羅万象を斬る不定期連載。今回のテーマは、殺人で服役していた元ヤクザが社会復帰に悪戦苦闘する姿を描いた映画『すばらしき世界』だ。...
【現代ヤクザの基礎知識】
ヤクザに下される処分「破門」「絶縁」「除籍」の違いとは? 山口組分裂問題との関係も
 ヤクザはどのような時に、所属している組から処分を受けるのか? 「破門」「絶縁」「除籍」などの処分があるが、それぞれの違いや効力とは? 例えば、破門された人間を他の組織が拾う...
新右翼団体代表の木村三浩氏推薦の雑誌とは? 出版不況の今こそ読むべき「雑誌」の価値
「出版不況と言われて久しい」なんていう言葉が常套句と化したくらい、実際に雑誌と書籍を合計した市場規模は1996年をピークに右肩下がりだという。これは無料で情報を提供する多くのウェ...
ヤクザにお願いして当選する政治家も!? 暴対法強化でも絶てない裏社会との関係
政治家が反社会的勢力との交際を暴露されれば、一大スキャンダルとなり、閣僚が辞任に追いこまれたり、有力な議員が失脚する例は多い。一方で、これだけスキャンダルになるのだから、珍しいこ...
寺・法律事務所・ヤクザがグル!?倒産物件転売で大儲け?
もう昨年末のお話になるが、小さく報道されたこの事件をご存じの方はいらっしゃるだろうか。元警察官の組幹部に名義貸し=詐欺容疑で住職ら逮捕―警視庁 - Newsweb(2011年12...
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内
金本と暴力団の繋がりは氷山の一角!? スポーツ界で暗躍する危険人物たち
──気になるあのニュースをただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ" プレミアム"な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!『大相撲は死...
アスリートと闇社会の不健全なカンケイ【1】
一番ダークなスポーツは野球!? 切っても切れないスポーツと闇社会
『野球賭博と八百長はなぜ、なくならないのか』(ベストセラーズ)。──西武ライオンズの若きエース・涌井秀章選手が、自身の所属するエージェントと裁判沙汰になっていることが報じられたが...
臓器売買"一兆円市場"の闇【1】
主戦場はフィリピンから中国へ移動──臓器売買ブローカーは本当に儲かるのか?
──6月末、日本国内で久しぶりに、不正な臓器移植事件が発覚した。暴力団関係者の仲介により生体腎移植が行われた本事件だが、ドナーとなった青年は借金のカタに腎臓を売ったことが明らかに...
裏側の人間たちが語るAKB48推しメン【1】
アウトローには板野友美が大人気!? 瓜田純士、元ヤクザたちの推しメンとAKB48論
──今をときめくAKB48は、裏社会とのつながりもたびたび報道されている。では、そうした裏社会の人々、あるいは裏社会に通じた人々は、逆にAKB48をどのように見ているのだろうか?...
フクシマの廃棄物は金のなる木だ!
中国組織もがれき撤去に参入 復興利権に食い込む反社会勢力
不法投棄ビジネスの真相を告発した『産廃コネクション』。 福島第一原子力発電所近くの街、福島県南相馬市をチャイニーズ・ギャングスターが訪れた──6月15日付のイギリス・ガーディアン...
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内
裏社会のドンが赤裸々に語る『憚りながら』! さらに深く読みとくためのサイゾー的ヤクザの世界徹底ガイド
──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ" プレミアム"な記事をサイゾー目線で厳選レビュ...
サイゾーだからここまで書けた?怒涛のワイド23連発!!【3】
ガチでタブーなドキュメンタリー映画『ヤング・ヤクザ』を知ってるか?
輸入盤DVDは、送料込みで3923円也。クリスチャンである熊谷組長が教会を訪れるシーンも興味深い。 本誌ではこれまでに何度となく「タブーな映画」「タブーなDVD」などと銘打って、...
囁かれる"3つの噂の真相"
武闘派ヤクザ「後藤組元組長」出家の裏にあった”思惑”とは
後藤忠政元組長(写真中央)の出家を伝える「週刊アサヒ芸能」(徳間書店/4月23日号=左)と「週刊実話」(日本ジャーナル出版/4月30日号=右)「後藤さんが出家するらしい」 今年3...
構成員も警察官も愛読!? 山口組とヤクザ社会がわかる本(後編)
前編はこちら。 一方、山口組をめぐるノンフィクションの中には、純粋なファンのためのムックや実話誌には決して書かれることのない"批判"を記した本もある。「よく知られているのは、ノン...
構成員も警察官も愛読!? 山口組とヤクザ社会がわかる本(前編)
『山口組三代目 田岡一雄自伝』徳間書店 後藤組後藤忠政組長への除籍処分や傘下団体の引き起こした事件報道により、最近も何かと目にする機会の多い"山口組"の文字。一般的にはコワモテの...
ページ上部へ戻る

配給映画

ヤクザ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真