日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 宮崎あおいの”映画代表作”が誕生! 毒を呑んでも生き続けよ『ソラニン』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.60

宮崎あおいの”映画代表作”が誕生! 毒を呑んでも生き続けよ『ソラニン』

soranin01.jpg現代を生きる若者たちの不安と希望を描く、
人気漫画家・浅野いにおの同名コミックを映画化した『ソラニン』。
国民的女優・宮崎あおいの恋人役を『蛇にピアス』(08)の高良健吾が演じている。
(C)2010 浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会
(写真=太田好治)

 自分らしく生きていくことと、食べていくことはどちらが大切か? みうらじゅん原作、田口トモロヲ監督作『アイデン&ティティ』(03)が投げ掛けた切実なテーマは、現代の若者たちの心を捉え、同作はロングランヒットを記録した。誰にもおもねらずに自由に歌いたい、でも社会に迎合しなくては曲は売れない。インディーズバンドのボーカル・中島(峯田和伸)が理想と現実の狭間で引き裂かれそうになりながら発した叫び声が珠玉のバラード「アイデン&ティティ」を生み出した。浅野いにお原作、三木孝浩監督作『ソラニン』も同じテーマを扱った音楽ドラマだ。芽衣子(宮崎あおい)と種田(高良健吾)という寄り添い合う2つの魂が引き裂かれたとき、青春との惜別ソング「ソラニン」が完成する。

 芽衣子と種田は大学時代に音楽サークルで知り合い、大学卒業後は多摩川沿いのアパートでママゴトのような同棲生活を送っている。芽衣子はOL2年目だが、音楽の世界が諦められない種田はバイトをしながら、大学からのバンド仲間である加藤(近藤洋一)とビリー(桐谷健太)と練習を続けている。そんなモラトリアムな時間をいつまで過ごせるのか? 芽衣子が衝動的に会社を退職し、種田のモラトリアム時代のカウントダウンが始まる。芽衣子との生活を続けていくには、とにもかくにも収入が必要だ。芽衣子の突発的行動によって尻に火を点けられた種田は、バンドとしてメジャーシーンを目指すことを決意する。

 才能はあるがプロとして生きていくには繊細すぎる種田を、芽衣子はときに励まし、ときに傷つけ、種田は「ソラニン」という曲を書き上げる。ソラニンとはジャガイモの芽の部分などに含まれ、人間が摂取すると中毒症状を引き起こす毒素だが、その植物が成長するには欠かせない成分のこと。種田は毒を呑む覚悟で、また社会への突破口として、「ソラニン」をメジャーレーベル各社に送りつける。やがて種田たちに興味を示した音楽ディレクターから声が掛かるが、それは「グラビアアイドルのバックバンドに徹してほしい」というものだった。社会は才能を求めているのでなく、需要と供給の関係で動いているということを種田は思い知らされる。種田の落胆は、芽衣子たちが想像していた以上だった。このエピソードを機に、種田は物語の表舞台から降りてしまう。

 今さらだが、物語前半の宮崎あおいがメッチャかわいい。部屋着、OL服、浴衣姿と、どれも超ラブリーだ。後半がシリアスモードになるため、前半の芽衣子と種田の生活はとことん甘く美しく描かれている。そんなフワフワした綿菓子のような生活が、種田が消えてしまったことで一転して、芽衣子を苦しめる。ジグゾーパズルの一片が欠けてしまい、もう2度とパズルは完成しない。それでも芽衣子は生きていかなくてはならない。NHK大河ドラマ『篤姫』(08)で時代に翻弄される女性の生涯を演じ切った宮崎あおいが、本作でも傷つきながらも前のめりで行きていく女の力強さを見せる。国民的女優・宮崎あおいが映画女優としても『ユリイカ』(01)、『害虫』(02)に続く、新しい代表作を残すことができたと言っていいだろう。

soranin02.jpgロックバンド・ロッチの新メンバーとして、
芽衣子(宮崎あおい)が加入。サンボマスター
の近藤洋一は演技初経験、『クローズZERO』
『ROOKIES』の桐谷健太は学生時代に
ドラム経験あり。ライブシーンでの宮崎の弾け
っぷりに大注目だ。

 「歌が苦手」という意識を持っていた宮崎は、『NANA』(05)、『少年メリケンサック』(09)とロックを題材にした映画に出演しながら歌唱シーンに絡むことがなかった。03年、05年に上演された主演ミュージカル『星の王子さま』でも1曲披露するだけにとどまっていた。そんな彼女だが、『篤姫』がクランクアップした08年12月から、『ソラニン』がクランクインした09年4月までボイストレーニング&ギター練習に取り組み、クライマックスのライブシーンで「ソラニン」を熱唱する。CMで話題の「1001のバイオリン」を聴いても分かるように、うまいとか下手とかという形容詞に当てはまらない独自の歌唱スタイルだ。自分の中に溜め込んだモヤモヤを吐き出すように、「ソラニン」を歌い上げる。彼女のパワーに引っ張られるように、近藤洋一(サンボマスター)のベースとバンド経験のある桐谷健太のドラムがビートを刻み、スクリーンと客席にグルーブ感を呼び起こす。宮崎は苦手意識で避けていた歌唱&楽器演奏を克服してみせた。ギター演奏と熱唱のために全身汗まみれになった宮崎は、これまで見せたことのない輝きを発している。

 芽衣子と種田の関係について、もう少し触れておきたい。原作者・浅野いにおにとって、芽衣子と種田という存在が虚構世界に投影した表現者自身のアバターならば、種田はいつまでもイノセントであり続けようとする”永遠の少年性”であり、芽衣子は毒すらも呑み込んで成長しようとする”現実的な大人”のキャラクターと言えるだろう。種田ひとりでは現実社会では生きていけない。しかし、芽衣子ひとりではどっちに向かって進んでいけばいいのか分からない。『アイデン&ティティ』の世界で例えるなら、種田と芽衣子はアイデンとティティの関係、2人でひとりの存在なのだ。

 芽衣子は種田の書いた「ソラニン」を自分自身の曲として歌い上げることで、種田の精神性を自分の中に取り込んでいく。種田というキャラクターは消滅したのではなく、芽衣子というよりタフで現実的なキャラクターの中に吸収されることで生き続けるのだ。惹かれ合い、弾け合った2つの魂の叫びは重なり合い、「ソラニン」を唯一無二の楽曲へと突き上げていく。社会で生きていく葛藤と矛盾をギターに叩き付けて、芽衣子と芽衣子の中に生きる種田は歌い続ける。種田と芽衣子はせめぎあう理想と現実。2人でひとりの、甘くて苦いラブソングが奏でられる。
(文=長野辰次)

soranin03.jpg
『ソラニン』
原作/浅野いにお 監督/三木孝浩 脚本/高橋泉 出演/宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一(サンボマスター)、伊藤歩、ARATA、永山絢斗、岩田さゆり、美保純、財津和夫 配給/アスミックエース 4月3日(土)より新宿ピカデリー、渋谷シネクイントほか全国ロードショー公開 <http://www.solanin-movie.jp>

ソラニン 1

いにおワールド。

amazon_associate_logo.jpg

●深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】INDEX
[第59回]“おっぱいアート”は世界を救えるか? 母乳戦士の記録『桃色のジャンヌ・ダルク』
[第58回]現代に甦った”梶原一騎ワールド”韓流ステゴロ映画『息もできない』
[第57回]命知らずの変態レポーター、中東へ! 史上最大のどっきり?『ブルーノ』
[第56回]仲里依紗がアニメから実写へと跳躍! 母娘2代の時空旅行『時をかける少女』
[第55回]ビグロー監督はキャメロンより硬派! 人間爆弾の恐怖『ハート・ロッカー』
[第54回] “空気を読む”若者の悲劇『パレード』楽しいルームシェア生活の行き先は?
[第53回]社会の”生け贄”に選ばれた男の逃亡劇 堺雅人主演『ゴールデンスランバー』
[第52回]『男はつらいよ』の別エンディング? ”寅さん”の最期を描く『おとうと』
[第51回]ひとり相撲なら無敵のチャンピオン! 童貞暴走劇『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
[第50回]ヒース・レジャーが最後に見た夢の世界 理想と欲望が渦巻く『Dr.パルナサスの鏡』
[第49回]トニー・ジャーは本気なんジャー! CGなしの狂乱劇再び『マッハ!弐』
[第48回]全米”オシャレ番長”ズーイー、見参! 草食系に捧ぐ『(500日)のサマー』
[第47回]市川崑監督&水谷豊”幻の名作”『幸福』28年の歳月を経て、初のパッケージ化
[第46回]押井守監督、大いなる方向転換か? 黒木メイサ主演『アサルトガールズ』
[第45回]ドラッグ漬けの芸能関係者必見!”神の子”の復活を追う『マラドーナ』
[第44回] 暴走する”システム”が止まらない! マイケル・ムーア監督『キャピタリズム』
[第43回]“人は二度死ぬ”という独自の死生観『ガマの油』役所広司の監督ぶりは?
[第42回]誰もが共感、あるあるコメディー! 2ちゃんねる発『ブラック会社』
[第41回]タラとブラピが組むと、こーなった!! 戦争奇談『イングロリアス・バスターズ』
[第40回]“涅槃の境地”のラストシーンに唖然! 引退を賭けた角川春樹監督『笑う警官』
[第39回]伝説の男・松田優作は今も生きている 20回忌ドキュメント『SOUL RED』
[第38回]海より深い”ドメスティック・ラブ”ポン・ジュノ監督『母なる証明』
[第37回]チャン・ツィイーが放つフェロモン爆撃 悪女注意報発令せり!『ホースメン』
[第36回]『ソウ』の監督が放つ激痛バイオレンス やりすぎベーコン!『狼の死刑宣告』
[第35回]“負け組人生”から抜け出したい!! 藤原竜也主演『カイジ 人生逆転ゲーム』
[第34回]2兆円ペット産業の”開かずの間”に迫る ドキュメンタリー『犬と猫と人間と』
[第33回]“女神降臨”ペ・ドゥナの裸体が神々しい 空っぽな心に響く都市の寓話『空気人形』
[第32回]電気仕掛けのパンティをはくヒロイン R15コメディ『男と女の不都合な真実』
[第31回]萩原健一、松方弘樹の助演陣が過剰すぎ! 小栗旬主演の時代活劇『TAJOMARU』
[第30回]松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇
[第29回]シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』
[第28回]“おねマス”のマッコイ斉藤プレゼンツ 不謹慎さが爆笑を呼ぶ『上島ジェーン』
[第27回]究極料理を超えた”極地料理”に舌鼓! 納涼&グルメ映画『南極料理人』
[第26回]ハチは”失われた少年時代”のアイコン  ハリウッド版『HACHI』に涙腺崩壊!
[第25回]白熱! 女同士のゴツゴツエゴバトル 金子修介監督の歌曲劇『プライド』
[第24回]悪意と善意が反転する”仮想空間”細田守監督『サマーウォーズ』
[第23回]沖縄に”精霊が暮らす楽園”があった! 中江裕司監督『真夏の夜の夢』
[第22回]“最強のライブバンド”の底力発揮! ストーンズ『シャイン・ア・ライト』
[第21回]身長15mの”巨大娘”に抱かれたい! 3Dアニメ『モンスターvsエイリアン』
[第20回]ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』
[第19回]ケイト姐さんが”DTハンター”に! オスカー受賞の官能作『愛を読むひと』
[第18回]1万枚の段ボールで建てた”夢の砦”男のロマンここにあり『築城せよ!』
[第17回]地獄から甦った男のセミドキュメント ミッキー・ローク『レスラー』
[第16回]人生がちょっぴり楽しくなる特効薬 三木聡”脱力”劇場『インスタント沼』
[第15回]“裁判員制度”が始まる今こそ注目 死刑執行を克明に再現した『休暇』
[第14回]生傷美少女の危険な足技に痺れたい! タイ発『チョコレート・ファイター』
[第13回]風俗嬢を狙う快楽殺人鬼の恐怖! 極限の韓流映画『チェイサー』
[第12回]お姫様のハートを盗んだ男の悲哀 紀里谷監督の歴史奇談『GOEMON』
[第11回]美人女優は”下ネタ”でこそ輝く! ファレリー兄弟『ライラにお手あげ』
[第10回]ジャッキー・チェンの”暗黒面”? 中国で上映禁止『新宿インシデント』
[第9回]胸の谷間に”桃源郷”を見た! 綾瀬はるか『おっぱいバレー』
[第8回]“都市伝説”は映画と結びつく 白石晃士監督『オカルト』『テケテケ』
[第7回]少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』
[第6回]派遣の”叫び”がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』
[第5回]三池崇史監督『ヤッターマン』で深田恭子が”倒錯美”の世界へ
[第4回]フランス、中国、日本……世界各国のタブーを暴いた劇映画続々
[第3回]水野晴郎の遺作『ギララの逆襲』岡山弁で語った最後の台詞は……
[第2回]『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
[第1回]堤幸彦版『20世紀少年』に漂うフェイクならではの哀愁と美学

最終更新:2012/04/08 23:01
こんな記事も読まれています

宮崎あおいの”映画代表作”が誕生! 毒を呑んでも生き続けよ『ソラニン』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真