日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > パンツを1カ月洗わない汚女子

パンツを1カ月間洗わない汚女子、命の危機に

イメージ画像

 

日本では“汚女子”が一時期話題になったが、隣国でも衛生に無頓着な女子は少なくない。

「香港01」(8月21日付)などによると、若い女性が同じパンツを洗わずにはき続けたために、命の危険にさらされたという。

 中国・湖北省孝感市に住む芳芳さん(23歳)は1カ月前に体調を崩した。激しい腹痛にも見舞われるようになり、たまらず病院で検査を受けると、外陰部に前がん病変が認められた。つまり、このまま放置すると外陰がんに発展する可能性があるというのだ。

 婦人科の医師によると、一般的に前がん病変は閉経した50歳以上の女性に見られ、若者の症例は極めて珍しいという。

 原因は、芳芳さんの生活習慣にあった。彼女は極度のものぐさで、1カ月間同じパンツを洗わずにはき続けることもザラだったのだ。ブラジャーも数週間換えない。生理が来ても、トイレットペーパーを当てるだけでやり過ごしていたという。

 加えて生活も不規則で、頻繁に夜更かしし、喫煙もしていた。これらの因子が彼女の抵抗力を奪い、非衛生的な習慣によって体内に巣食っていたウイルスを増殖させたのだという。幸い病巣を切除する手術は成功し、現在化学分析の結果を待っているという彼女だが、その生活習慣を改めない限り、再発も心配される。

 一方で、潔癖すぎが問題の人もいる。「銭江晩報」(4月24日付)などによると、ある団体旅行客がホテルに宿泊した際、同室のおばさんが部屋に備え付けのポットでパンツを煮沸しているところを目撃。止めようとしたが、すでに遅かった。驚いてSNSに投稿すると、一人の友人が反応。潔癖症である友人の同僚は、出張でホテルに泊まってもポットを使用しないという。なぜなら、潔癖症な旅行客の多くが、ポットでパンツを煮沸していることを知っているからだ。確かに下着を汚れたものだと考える中国人の中に は、洗濯機で洗濯する際もほかの服とは一緒に入れず、洗面所で手洗いする人が少なくない。だからといって、煮沸まですることはないと思うのだが……。

 ただ驚くことに、ポットでパンツを煮沸するのは中国人だけでなく、SNSでは外国人の煮沸告白も見られるという。外国人宿泊客の多いホテルでは、ポットを使用しないほうが無難かもしれない。

(文=中山介石)

最終更新:2018/08/27 18:00
関連キーワード

パンツを1カ月間洗わない汚女子、命の危機にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真