日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 男性器をウォッカに浸して…

南アフリカに伝わる秘法!? 性交前に男性器をウォッカに浸して持続力アップ「2時間はイケる」

イメージ画像

 南アフリカ共和国で、セックスする前にペニスをウォッカに浸して持続力をアップさせている男性がいると、同国のタブロイド紙「デイリー・サン」が伝えている。

 記事によると、この特殊な方法を実践しているのは、ヨハネスブルク郊外のソウェトに住む36歳の男性、スボニソ・ムチャリ氏。

「グラスにウォッカを注いで、そこにペニスをしばらく浸しておくんだ。そうすると、ベッドで2時間は持つんだよ」

 ムチャリ氏はこの方法を自分で考えついたわけではなく、友人から聞いたのだという。

「俺の友達にすごく女にモテる奴がいて、どうしてなのか聞いたんだ。そうしたら、この方法を教えてくれたんだ」

 ムチャリ氏がこれを始めたのは1年前。

「ただ、俺の場合は女にモテるためじゃなくて、結婚して4年になる妻を満足させるためだ。”ベッドでの持続時間が短すぎる”って、いつも妻から文句を言われてたんだ」

 この方法を始めて以来、奥さんは夜の夫婦生活に満足しているという。ただ、コップ1杯のウォッカを使うのはもったいないので、単にウォッカをペニスの表面にすり込むだけの時もあるという。

「あとでどんな影響が出るかはわからないけど、ウォッカの威力は素晴らしいから、しばらくはこの方法を続けるつもりだよ」

 ムチャリ氏いわく、女性が浮気をするのは男性側に理由があるという。

「女性が求めるものを与えないから、女性はそれをほかの男に求めてしまうのさ。パートナーを失うくらいだったら、ペニスをウォッカに浸したほうがいいだろ?」

 最後に、ムチャリ氏の奥さんであるジョスティナさんは、新聞の取材に応えてこう語った。

「彼はベッドの中では本当にジャイアントよ。ありがとうウォッカ!」

 アルコール度数40度はあるウォッカにペニスを浸したりしたら、恐ろしくしみるのではないかと想像してしまうが、ベッドの上での持続力に悩んでいる男性は、試してみる価値があるかも?

最終更新:2019/02/28 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

南アフリカに伝わる秘法!? 性交前に男性器をウォッカに浸して持続力アップ「2時間はイケる」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真