日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国系日本料理店がヤバすぎる!

バイトテロなんてまだマシ!? 中国系日本料理店のヤバすぎる実態

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

食器を洗うためにシンクにためられた水は、濁っても取り換えられることがない

 日本では、不衛生なバイトテロによって飲食店の信用やイメージが失墜する事例が相次いでいるが、中国ではそれ以上に不潔な行為が店ぐるみで行われている。

 先日は、北京市の日本料理店の、あり得ない内情が明らかになった。

「中国青年網」によると、市内の「晚楓亭日式料理店」の衛生管理がずさん極まりないという情報を得た記者が同店に従業員として潜入したところ、吐き気すら禁じ得ない光景を目の当たりにしたという。

客が残した食べ物を再加熱して提供されていた

 厨房では、客が使う湯呑み茶碗が従業員の作業靴と同じたらいに入れられていたという。また、食器を洗うためシンクにためられた水は濁っても取り換えられず、床を拭いたモップも一緒に入っているありさま。さらに、食材とほうきも一緒に洗われていた。客に出す箸や食器には「消毒済み」と書かれていたが、一切消毒をしていない。同僚は「夜に消毒するので、昼間はしない。どこに消毒する時間があるっていうんだい?」と開き直っていたという。

 それだけでない。従業員は、高所にある食器を取るのに靴を履いたまま調理台に上がり、両足でまな板を踏みつけていた。また、調理に使用する穴あきおたまをゴミ取りとして使用。床にたまっているゴミをおたまですくってゴミ箱に入れたかと思うと、そのまま鍋に戻していた。さらに、店のマネジャーは客に提供した牡蠣の殻を湯通しし、残ったステーキや刺し身も回収して再提供するよう、従業員に指示していたという。

 晚楓亭は北京市内に5店舗を展開。オーナーは中国人のようだが、北京市で日本料理店を経営する日本人は、中国系日本料理店の構造的な問題を指摘する。

「中国ではやっている日本料理店はビュッフェ形式の店が多い。晚楓亭もそのひとつで、一番安いコースは188元(約3,200円)。中国の物価を考えても安すぎるので、食べ残しの再利用といった不正でも働かなければ利益は出ないはずです」

 この種の店が全国に存在していることを考えると、氷山の一角といえるかもしれない。日本食への信頼を傷つけないでほしいものだ。

(文=中山介石)

最終更新:2019/04/23 21:00
関連キーワード

バイトテロなんてまだマシ!? 中国系日本料理店のヤバすぎる実態のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

野生児の実像に迫る問題作『野良人間』レビュー

 文明社会とまったく関わることなく育った人間...…
写真
インタビュー

令和ロマンが語る令和芸人の歩き方

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者...
写真