バイトテロなんてまだマシ!? 中国系日本料理店のヤバすぎる実態

2019/04/23 21:00

食器を洗うためにシンクにためられた水は、濁っても取り換えられることがない

 日本では、不衛生なバイトテロによって飲食店の信用やイメージが失墜する事例が相次いでいるが、中国ではそれ以上に不潔な行為が店ぐるみで行われている。

 先日は、北京市の日本料理店の、あり得ない内情が明らかになった。

「中国青年網」によると、市内の「晚楓亭日式料理店」の衛生管理がずさん極まりないという情報を得た記者が同店に従業員として潜入したところ、吐き気すら禁じ得ない光景を目の当たりにしたという。

客が残した食べ物を再加熱して提供されていた

 厨房では、客が使う湯呑み茶碗が従業員の作業靴と同じたらいに入れられていたという。また、食器を洗うためシンクにためられた水は濁っても取り換えられず、床を拭いたモップも一緒に入っているありさま。さらに、食材とほうきも一緒に洗われていた。客に出す箸や食器には「消毒済み」と書かれていたが、一切消毒をしていない。同僚は「夜に消毒するので、昼間はしない。どこに消毒する時間があるっていうんだい?」と開き直っていたという。

 それだけでない。従業員は、高所にある食器を取るのに靴を履いたまま調理台に上がり、両足でまな板を踏みつけていた。また、調理に使用する穴あきおたまをゴミ取りとして使用。床にたまっているゴミをおたまですくってゴミ箱に入れたかと思うと、そのまま鍋に戻していた。さらに、店のマネジャーは客に提供した牡蠣の殻を湯通しし、残ったステーキや刺し身も回収して再提供するよう、従業員に指示していたという。

 晚楓亭は北京市内に5店舗を展開。オーナーは中国人のようだが、北京市で日本料理店を経営する日本人は、中国系日本料理店の構造的な問題を指摘する。

「中国ではやっている日本料理店はビュッフェ形式の店が多い。晚楓亭もそのひとつで、一番安いコースは188元(約3,200円)。中国の物価を考えても安すぎるので、食べ残しの再利用といった不正でも働かなければ利益は出ないはずです」

 この種の店が全国に存在していることを考えると、氷山の一角といえるかもしれない。日本食への信頼を傷つけないでほしいものだ。

(文=中山介石)

最終更新:2019/04/23 21:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む