日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 飲酒死亡事故で逮捕の女が炎上

飲酒運転で2人を死亡させた金持ち娘 逮捕後にSNSを更新して、さらに炎上!

女は、数々のブランド品の写真を微博にアップしていた

 中国で金持ちの娘が酒に酔ったまま高級車を運転し、2人の死者を出すという事故が起きた。

 7月3日深夜、河南省商丘市の交差点で、信号待ちをしていた車に後ろからマセラティが猛スピードで追突し、車の中にいた3人のうち2人が死亡、1人が大ケガを負う事故が起きた。

 マセラティを運転していたのは23歳の女で、ほかに同乗者が2人おり、事故の直前、焼き肉店でワイン1本と清酒2本を空けていたという。

 その後、女は酔ったまま車を運転し、走行中のほかの車に次々と衝突。それでも運転をやめず、交差点で死亡事故を起こしたのだ。事故後、路上にいた人たちに車を取り囲まれたが、女は降車拒否。それだけでなく、そのまま車を出発させて現場から逃走したという。

 そして、さらにこの事故は、2人を死亡させた飲酒ひき逃げ事故というだけでは済まない展開を見せる。

 女と同乗者は翌朝、地元警察により逮捕されたのだが、取り調べを受けていると思われる時間に、女が中国版Twitter「微博」を更新していたことがわかったのだ 。

 これを見た中国のネット民たちからは、警察の対応に不満が噴出。というのも、女の父親は地元の皮革製造会社の社長で、かなり裕福な生活をしているという。女が事故を起こしたマセラティも父親に買い与えられたものとみられ、女の微博には、豪華な生活をひけらかすような写真が数多くアップされていた。

 同乗していた2人についても、1人は地元スーパーチェーンの社長の息子で、もう1人は国土局(日本の国土交通省に相当) で中間管理職を務める男性の娘だったことも判明している。

 そのため、地元警察が加害者らの父親たちと癒着しており、そのため女は逮捕されたとはいっても、厳しい取り調べを受けるわけでもなく、自由にスマホでネットにアクセスできたのではないかとみられている。

 ここまで大きく報道されたことで、地元警察も事故を穏便に処理するのは難しくなるだろう。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2019/07/17 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

飲酒運転で2人を死亡させた金持ち娘 逮捕後にSNSを更新して、さらに炎上!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

 人情味あふれる町・阿佐ヶ谷の6畳一間のアパートで、本物の姉妹でない2人の40代女性...
写真