日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 自作自演で炎上も、どんでん返し

美人インフルエンサーが自作自演の「清掃ボランティア」で大炎上も、さらなるどんでん返しが……

自作自演によるゴミ拾い

 6月5日は国連が環境保全に対する啓発活動を図る日として制定した「世界環境デー」で、世界各地で環境保護の取り組みが行われたが、中国のインフルエンサーが取った行動に非難が集まっている。

「紅星新聞」(同6日付)によると、美人インフルエンサーとして知られる「cccci鄭家宜」さんが4日、SNS上で、北京市内の公園で清掃ボランティアを行ったことを報告した。散乱するゴミの上でほうきを持ち立っている写真と、清掃が終わってゴミがいっぱいになった袋が4つ置かれた写真を「一緒に環境保護に努めよう」というコメントとともに、中国版Twitter「微博(ウェイボー)」にアップ。当初は、多くのフォロワーから賛辞が寄せられていたのだが、やがて驚きの真実が露呈することとなった。

 きっかけは、彼女の投稿に対し、あるユーザーがつけたコメントだ。

「我々はこの公園の管理事務所の者だ。昨日の昼に撮ったものだろ? この2枚の写真をどうやって撮影したか、自分でもわかってるはずだ」

 それに対し、彼女は「そうね~ボランティアだよ、ただ何も言わずにやるだけ! 頑張るよ」とコメント。即座にこのユーザーは「あきれて言葉も出ない」と反応した。それに対し、彼女は「キミも私が始めた環境保護活動に加わることを歓迎するよ~」と返した。

 するとこのユーザーは、公園で撮影された動画のキャプチャー画像を投稿し、実は、cccci鄭家宜さんは友達と一緒に、ゴミの入った4つの麻袋を公園に持ち込み、中のゴミを辺りにぶちまけたというのだ。つまり、ゴミ拾い活動は自作自演だったのだ。

 事実が明るみになると、彼女の投稿は大炎上。「頭の中にもゴミが詰まってるんじゃないの?」「プライドのない人間は無敵だ」といった辛辣なコメントが殺到している。

 しかし、話はこれで終わらない。警察が捜査に乗り出すと、このユーザーが公園の管理者だというのはウソで、cccci鄭家宜さんとグルになって炎上騒ぎを起こしていたことが判明。2人は「環境保護を呼びかけるためだった」と釈明しているが、一連の騒動を見てゴミ拾いをしようと思う人がいるわけがない。2人のアカウントは、すでに削除されている。

 よくできたドラマの脚本のような2度のどんでん返しに、ネット民の多くはすっかり騙されたわけだが、中国のネットインフルエンサーは競争が激しく、あの手この手でフォロワーを獲得しようとする者が少なくない。性的コンテンツへの規制が厳しくなっているだけに、こうした“炎上商法”は、今後ますますエスカレートしそうだ。

(文=大橋史彦)

最終更新:2019/06/14 10:24
こんな記事も読まれています

美人インフルエンサーが自作自演の「清掃ボランティア」で大炎上も、さらなるどんでん返しが……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...
写真