日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ドラマ『M』視聴者興醒め

台本手直しは大失敗!? ドラマ『M』田中みな実“ゴリ押し路線”に視聴者が興醒め

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 どうやら「余計な手直し」をしてしまったようだ。

 一時休止となっていたなっていたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の撮影が再開。6月20日に最新5話が放送されたが、眉をひそめた視聴者が多かったようだ。

「浜崎あゆみの自伝的小説が原作の同ドラマは、主演の安斉かれんと三浦翔平に、眼帯姿で狂気的な演技を見せる田中みな実が絡み、さながら大映ドラマのようなテイストが視聴者に大ウケ。とりわけ、放送後にはネット上で『みな実祭り』が起きるほどでした。5話ではその田中がメインとなっており、EXILE・白濱亜嵐との濃厚なキスシーンを連発。これまで以上に見せ場が多く、噂の怪演がこれでもかと続きました。脚本を担当する鈴木おさむ氏は、コロナで撮影が中断している間、SNSの評判を参考にして台本を大幅に修正したと明かしていますから、『みな実祭り』になっているのを知り、彼女の出番を増やすことにしたのでしょう」(芸能ライター)

 放送後にはスピンオフドラマ『L 礼香の真実』(ABEMA)で、田中が初主演を務めることも発表されたが、これまで脇に徹していた田中が前面に出てきたことは、必ずしも「正解」ではなかったかもしれない。

「撮影休止中に放送された再放送で副音声を担当した伊集院光は、田中推しの展開にガッカリしたようです。22日に放送されたラジオ番組では、『正直なこと言っていいですか? もう俺の湯加減じゃなくなったかな』『ついに開き直った感……。僕はハミ出ちゃうのが好きなんです。全開にされちゃってるじゃないですか』と告白。これまでは田中の怪演にハマっていたものの、出番が増えすぎていることで逆にシラけてしまったようです」(前出・芸能ライター)

 鈴木が台本を大幅に書き直したことで、視聴者は一気に興醒めしてしまったのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/25 06:00

台本手直しは大失敗!? ドラマ『M』田中みな実“ゴリ押し路線”に視聴者が興醒めのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真