日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 反町隆史、『相棒』記録塗り替え

水谷豊も全幅の信頼!? 反町隆史、『相棒』で次々と記録を塗り替えることに

文=日刊サイゾー

反町隆史

 テレビ朝日系で放送されている水谷豊主演の人気ドラマシリーズ『相棒』が今年、誕生から20周年を迎え、10月から『相棒season19』を開始することが各メディアで報じられた。

 水谷演じる杉下右京と、反町隆史演じる4代目相棒・冠城亘のコンビは、15年10月期から放送の『season14』以来、6シーズン目に突入する。

 そして、先々代は高樹沙耶、先代は鈴木杏樹が演じた、右京たちが通う小料理屋のおかみだが、前シーズンの最終話に登場した森口瑤子が演じることになった。

「記事に掲載されたコメントからも、いかに水谷が反町に全幅の信頼を寄せているかがわかる。これまでの歴代の相棒は、初代の寺脇康文がシーズン1から7の途中まで、2代目の及川光博はシーズン7の途中から10まで、3代目の成宮寛貴はシーズン11から13までだが、このままだと、反町は寺脇を超えて最長の相棒になりそうだ」(テレビ誌記者)

 さらに、これまで2008年、10年、14年、17年に劇場版が公開。それぞれの作品は歴代の相棒が1作ずつ出演しているが、反町は初の連投になりそうだというのだ。

「劇場版は、回を重ねる度に興行収入を落としてしまっている。水谷さんは次の作品で何とか挽回したいと思っているが、コロナ禍で映画の撮影は厳しい状態。コロナが落ち着いたら撮影に取り掛かることになりそうだが、そのタイミングは反町の歴代最長の相棒記録を達成した後になるのでは」(テレ朝関係者)

 一時期は主演作が外れまくって“低視聴率男”のレッテルを貼られてしまった反町だが、『相棒』出演という大きなチャンスをゲットして、見事に汚名回復を果たすことができたようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/27 22:00

水谷豊も全幅の信頼!? 反町隆史、『相棒』で次々と記録を塗り替えることにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真