日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐、活動休止後はSMAP同様に“タブー”に?

嵐、活動休止後はSMAP同様に“タブー”になる? メンバー同士のカラミも難しくなる可能性

文=日刊サイゾー

嵐、活動休止後はSMAP同様にタブーになる? メンバー同士のカラミも難しくなる可能性の画像1

 2020年の12月31日をもって活動休止となる嵐。大晦日の無観客ライブ生配信やNHK紅白歌合戦への出演、さらにTBS系『輝く!日本レコード大賞』への出演も決まり、嵐としての最後を大忙しで過ごしている。

 テレビだけではなく、多くのテレビ誌で表紙を飾り、日本中が“嵐一色”という雰囲気になっているが、その裏では一部のメディアに対し、嵐サイドからの“お願い”があったという。

「嵐の掲載は基本的に2020年内に販売される雑誌のみにしてほしいとお願いされたメディアがあるというんです。年末年始は年をまたいで販売される雑誌も多く、そのお願いに完璧に応えるのは難しいということですが、とにかくジャニーズサイドとしては2021年以降、どんな形であれ嵐がメディアに露出し続けるような状況を避けたいと考えているようです」(出版関係者)

 活動休止になるのだから、嵐のレギュラー番組はすべて終了し、スポンサー契約なども終わり、5人でのCM出演もなくなる。2021年以降、嵐の雑誌掲載がなくなるのは当然のことだ。しかし、それだけではないと見られている。

「SMAP解散のときとちょっと雰囲気が似ているんです。あのときは、解散と同時に多くのメディアにおいて、まるでタブーとなったかのように、“SMAP”という言葉さえも聞かれなくなった。特にジャニーズ事務所と関係性の深い媒体においては、あたかもSMAPが存在しなかったような形になっていました。嵐についても、同様に2021年になった途端、跡形もなくメディアから存在が消されてしまうのではないかと言われているんです。“嵐”を思い出させないために、メンバー同士の共演もまったくなくなるだろうとの見方も強いです」(同)

 こういった状況に焦っているのがNHKだ。嵐はNHKにおける東京オリンピック中継のスペシャルナビゲーターに就任していたが、2021年に開催が延期したことで、この責務を果たすことはなかった。テレビ局関係者はこう話す。

「NHKは、来年の東京オリンピック中継があったら、そこで嵐の5人もしくは、数人を集めようと画策していると言われています。しかし、ジャニーズサイドがメンバーたちの共演に難色を示す可能性が出てきた。注目度を高めるサプライズプランの実現性が危ぶまれ、NHKも困っているかも知れません」

 多くの人に愛されたグループだからこそ、活動休止後の喪失感も大きい。2021年は深刻な嵐ロスが日本列島を襲うこととなりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/19 11:00

嵐、活動休止後はSMAP同様に“タブー”になる? メンバー同士のカラミも難しくなる可能性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真