日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 見取り図、東京進出で必ず売れる理由

東京進出寸前の「見取り図」 大阪よりも東京でこそブレイクしやすい理由

文=日刊サイゾー

東京進出寸前の「見取り図」 大阪よりも東京でこそブレイクしやすい理由の画像1
吉本興業公式サイトより

 多様なスタイルの漫才師が集まり、大混戦となった『M-1グランプリ2020』。優勝した「マヂカルラブリー」はもちろん、ファイナルラウンドに進出した「おいでやすこが」「見取り図」もブレイク必至と言われている。

 そんななか、現在大阪を拠点に活動している見取り図が、いよいよ東京進出に向けて動き出しているという。

「まだ、具体的な話は明かされていませんが、本人たちの東京進出の意志は固まっている様子。早ければ、今年の春にも上京するかもしれません」(芸能事務所関係者)

 飄々とした雰囲気でクールにボケるリリーと、ハイトーンボイスでツッコむ長髪&巨漢の盛山晋太郎からなる見取り図。結成は2007年で、渡辺直美、ジャングルポケット、さらば青春の光などが同期にあたる。

「見取り図はネタも平場のトークもいける実力派で、2人ともオールラウンドプレイヤー。東京のバラエティ番組でも、問題なく活躍できると言われています。特に盛山は、イジればイジるほど鋭いツッコミが返ってくるタイプで、まさに東京のバラエティ番組では求められている人材。むしろ東京向きの芸人じゃないかとすら思いますよ」(構成作家)

 大阪芸人の中には、少なからず“東京コンプレックス”を抱いている芸人もあり、東京の空気に馴染めないパターンも珍しくない。

「見取り図の2人は、東京の劇場にもよく出ていて、東京芸人との交流も多い。大阪芸人特有の“トガリ”もないので、今すぐにでも東京でやったほうがいいと思います。バラエティ番組に出て2人の人間性が全国区で知られるようになれば、漫才ももっとウケるようになるはず。M-1優勝を本気で狙うなら、上京するべきだとも言われています」(前出・芸能事務所関係者)

 先輩であるかまいたちと仲がいいことも、見取り図にとっての大きなメリットとなっている。

「特に濱家とリリーが仲がいい。見取り図が、東京でかまいたちと絡むことがあれば、間違いなくオイシくなります。おそらく東京では盛山のほうに注目が集まるので、そうなったらリリーが“じゃない方”みたいな扱いになってします。そこで、濱家と絡むことで、リリーの面白さもどんどん伝わっていくことになるわけです。見取り図にとって、東京にこそ売れる条件が揃っているんです」(同)

 もはや、上京するしかなさそうな見取り図。M-1制覇の最終拠点は東京となりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/02 11:00

東京進出寸前の「見取り図」 大阪よりも東京でこそブレイクしやすい理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

次世代レスラー4人衆が抱く飽くなき野望

 サウナブームと言われて久しい昨今。健康改善やコミュニケーション活発化を期待して、い...
写真